凜のヲタク的日常 はてなの章

ゲーム・アニメ・漫画などリアルでは語れない事を発信(BL含&分別)

定期購入 弱虫ペダル 73巻 坂道がアシスト!エース指名された段竹 感想とあらすじ

 

定期購入 弱虫ペダル 73巻 坂道がアシスト!エース指名された段竹 感想とあらすじ

 

 

 

 

弱虫ペダル73巻が発売しました!

 

新体制になっての初戦、坂道と一年生コンビ・鏑木と段竹が出場することになりました。しかし、そのレースでは箱根学園も出場することに。

両者、スタートから熱い戦いが繰り広げられます。レースはどうなるのでしょうか?

 

 みていきましょう。

 

 

 

過去の弱虫ペダルもチェック! 

 

田所さんの過去がわかる!

弱虫ペダル SPARE BIKE 6巻のご紹介記事はこちらから

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

弱虫ペダル SPARE BIKE 7巻 大学編開始!あの先輩たちの生活は?

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

 

弱虫ペダル SPARE BIKE 8巻

一年目のインターハイ後、東堂と巻島先輩はどうなった?進路がわかる一冊

 

 

 

 

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

 

同時発売!弱虫ペダル SPARE BIKE 9巻

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

 

 

 

前回の72巻の記事もご参照ください!

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

次巻 74巻はこちら

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

新章開幕 71巻~

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

MTB編 64~70巻

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

www.rinnrinnkarinn.xyz

www.rinnrinnkarinn.xyz

www.rinnrinnkarinn.xyz

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

マウンテンバイク編開始! 64巻

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

インターハイ二年目の結果がわかる! 弱虫ペダル 63巻はこちら

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

62巻はこちら

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

 

また、38巻から記事をまとめています。

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

まとめなくても別にいいのですが、文章にすると内容を次巻まで覚えてられるのですよね。長期連載になっているので、細かいところはすっとばしてまとめます。

自分用のメモがわりの記事にもなっています。

 

 

 

弱虫ペダルとは?今までのあらすじ

 

 

あらすじ 


小野田坂道、現在高校二年生。自転車部所属

 

そんな彼の楽しみは秋葉原。なんと自転車で秋葉原まで行っていた。その何十キロという距離を毎週行っていた彼は、知らぬ間に自転車が強くなっていた。

今泉くんと坂道は自転車を通して、仲良くなっていく。そうして自転車部に入ることに。

 

そして三年生、二年生、一年生がそろい。全国大会のメンバーを選抜することに。坂道は素人ながらメンバーになり、全国大会に行くことになる。

一年目の大会は、総北は見事一位になる。最後のゴールをきったのは、なんと坂道!

そして二年目を迎えた。新一年生をむかえて、総北高校は新体制で全国大会に挑む。箱根学園も新体制で、優勝を狙ってくる。

真波と坂道の戦いは熾烈を極めるものだった。ゴール1kmを過ぎても、両者は一歩も引かない。そしてついにゴール!勝者は小野田坂道!二年連続で先頭でゴールをしたのだった。

 

夏休みになった選手はそれぞれの休暇にはいる。坂道は、いつもの練習する道で今までみたことがない自転車に乗る少年に出会う。坂道はマウンテンバイクとの出会いに感動する。

 

出会った少年は雉 弓射(キジ キュウイ)。彼はマウンテンバイクのインターハイで二連覇している。坂道は実際にマウンテンバイクに乗ってみたり、雉の誘いでレースを見に行くことに。

 

雉のサプライズにより、坂道がMTB初心者クラスレースに参加することに。レースがはじまり、優勝候補の壱藤と接戦の末、坂道が優勝!!

夏休みが終わり、ロードレースの日常が戻ってくる。

 

総北の新しいキャプテンになった坂道だが、初めてのレースでは、一年生を出場させると決める。そして迎えた峰が山ヒルクライム!鏑木と段竹、坂道で出場することに。 

 

 

 

弱虫ペダル 73巻のあらすじ(ネタバレを含むので注意)

 

 

二度目の傾斜では、息があがる鏑木。その後ろにせまってくるのは、高田城!

まるでスピードスケーターのような号砲をもっているよ鏑木は思います。

 

そしてコーナーで追い抜かれ、三本勝負は一勝一敗。

 

「死ぬ気で段竹の前にいて守れ!」というオーダーをこなすと意気込む鏑木ですが、高田城はふつうは「前に飛び出していいということではないのでは?」と鏑木の発言に戸惑います。

 

完全不利な勝負にいどむ鏑木に、高田城は「バカなのか?頭はあるのか?」と動揺します。

 

一方、段竹は鏑木を心配しますが、坂道は鏑木を信じてほしいといいます。きっと成長はデータにはないからわからないだろうと言うのです。

 

鏑木はコーナーにつっこみ、最短距離で曲がることに成功!二勝一敗!しかし鏑木はレース4キロ前で脱落するのでした。

 

そして、レースは坂道・段竹 VS 高田城・新開!

ゴール三キロにせまります。

 

新開が加速!しかし総北のアシストは坂道です。全力で加速し、ついていくのがやっとな段竹。しかし、自分もインターハイへ行くと決めた覚悟があります。

 

信じてくれた仲間を思い出しゴールに向けて走ります。

 

 

 

弱虫ペダルと同時発売!

弱虫ペダル SPARE BIKE 9巻は大学編二弾!

そして東堂の中学時代の話も掲載!

 

 

 

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

 

 

 

使いやすい電子書籍で置く場所も困りません。

スマホにいれておくだけで、読み返しも楽!

 

 

弱虫ペダル 電子書籍 | ひかりTVブック

 

弱虫ぺダル |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア

 

弱虫ペダル | 渡辺航 | 無料まんが・試し読みが豊富!ebookjapan|まんが(漫画)・電子書籍をお得に買うなら、無料で読むならebookjapan

 

弱虫ペダル (漫画)の電子書籍|新刊 - 無料・試し読みも!honto電子書籍ストア

 

弱虫ペダルをお得に!レンタルだから安い!Renta!

 

弱虫ペダル 73巻の感想

前回から新しい箱根学園でのキャラクター高田城と、一年の期待の星である鏑木の対決が始まりました。

 

頭脳派の高田城に対して、感性と勘とセンスというまるで正反対の気質のふたり。

高田城は三年生になってやっとレギュラー入りしましたし、鏑木は一年からインターハイ出場をしました。経歴も違いますね。

 

ただ、経験あっての精神的な強さは高田城に勝機はありそうですが、坂の勝負では鏑木が勝ちました。しかし、脱落することになり、レースは二者での対決に。

 

小野田君は二年連続インターハイ優勝経験がありますが、あとは段竹と鏑木に一年生を引き連れていきます。

 

ゴールも三キロをきり、経験値的にも才能でも互角である二校!

圧倒的主人公の坂道がいますから、勝負は坂道が強そうですが、果たしてどうなるのか?気になりますね。

 

また、このレースで鏑木と段竹の急成長は間違いないでしょう。坂道たちのインターハイ三年目にむけて、どんなチームにしあがっていくのか。今から楽しみです。 

 

 

 

 

 

おわりに

弱虫ペダル73巻のあらすじと感想をまとめてみました。

峰ヶ山ヒルクライムがスタートし、大きな見せ場である高田城と鏑木の対決の結果がわかる一冊でした。

74巻ではゴール前の熾烈な戦いが予想されます。このゴールの結果によって来年度のインターハイへの練習もかわってくるでしょう。

 

各選手の成長が気になります。

 

74巻はこちらから

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

 

前巻 72巻はこちら

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

 

 

弱虫ペダル SPARE BIKE 7巻はこちら

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

 

 

 

今までの漫画についての記事はこちら

www.rinnrinnkarinn.xyz