凜のヲタク的日常 はてなの章

ゲーム・アニメ・漫画などリアルでは語れない事を発信(BL含&分別)

歴史漫画・最近のみたもの①バジリスク・センゴク 一統記


今週、ふと歴史漫画読みたい!!!!!ってなりましてツタヤにてまたレンタルしてきました。

借りてきたのは、歴史漫画のランキングがお店にありそこのコーナーで借りてきました。


まずは

①バジリスク
②センゴク 一統記
③イノサン
④ヴィンランド・サガ



借りてきました。



今回は①バジリスクと ②センゴク について少し書きます。

この二作品は、戦国時代から江戸初期の頃の話です。


①バジリスク


これは私は、某生主さんがよく話していたので面白いんだろうなとは思ってました。


バジリスクは甲賀忍者と伊賀忍者のバトルです。

徳川家康が、子ども秀忠の後継者を忍者の戦いで決めようって話です。

歴史では、家康は長男が継ぐべきとして、のちの家光を幼いころ指名する逸話は有名です。

秀忠と正室のお江は次男を期待していましたが、乳母・春日局の口添えあって家光は家督を継いだのち徳川幕府の体制を盤石なものにしました。


私も戦国時代や江戸時代は好きなので、楽しく見れました。


バトルはジャンプでのナルトを思い出しますね。

バトルと言っても、命を懸けた戦いなので悲劇しかなさそうな感じですが。
全体的に男性向きでしょうか。

話の展開は渋くて、キャラクターもいい味してます。
ただ絵が見にくいかもしれません。

バジリスク~甲賀忍法帖~(1) (アッパーズKC (197))/講談社
¥価格不明
Amazon.co.jp




ナルトが物足りないなーと思ったらこちらでしょうか。

NARUTO (巻ノ1) (ジャンプ・コミックス)/集英社
¥421
Amazon.co.jp



ただ本当に悲劇なので、後味はあまりよくないかもしれません。


家康などの江戸時代の将軍様の流れを知るにはこちらの作品は読みやすいですね。

大奥 (第1巻) (JETS COMICS (4301))/白泉社
¥617
Amazon.co.jp


ただ、よしながふみさんは話がうまいのですが人物のかき分けが甘いかなとは思います。
個人的によしながふみさんは、少人数での話が面白いです。

きのう何食べた?(1) (モーニング KC)/講談社
¥617
Amazon.co.jp


↑よしながふみさんが気に入ったらこちらからおすすめ
同性愛の表現はありますが、そういうシーンはありません。

BL含む、よしながふみさんの漫画おすすめ↓



執事の分際 (白泉社文庫)/白泉社
¥669
Amazon.co.jp

 

西洋骨董洋菓子店 (1) (ウィングス・コミックス)/新書館
¥562
Amazon.co.jp



ジェラールとジャック (白泉社文庫)/白泉社

 

ジェラールとジャックはよしながさんの真骨頂かな。BL色強いので気を付けてください。

¥782
Amazon.co.jp

 

 

 

 

 

②センゴク 

 

 

久しぶりに骨太な作品を読んだなと感心した作品。

 

センゴク(1) (ヤンマガKCスペシャル)/講談社
¥596
Amazon.co.jp

 

私は第三部のセンゴク 一統記から読み始めました。

 

戦国武将は織田信長から始まり、秀吉、家康中心に色々な人物が出てきますが。

これはマイナー武将が主人公。

 

私も大まかな流れはわかってるので、簡単な歴史物語はそれほど感動しないのですが。

これは色々な角度から描いてますね。

 

資料も読み込んでいるなと、作者さんの心意気も素晴らしい。

ただこれはあくまでも、歴史漫画。史実に忠実かと言われると分からないですが、物語としては面白いです。

 

 

これを見て思い出したのが

 

 

小説家になろうさんでみた

 

「平手久秀の戦国日記」

この小説も面白かったなと思います。

 

 

 

ついでにこちらのゲームも思い出しました。

 

 

コーエーテクモ the Best 太閤立志伝V/コーエーテクモゲームス
¥3,024
Amazon.co.jp



 

コーエーさんは無双シリーズが有名なのですが、実は私は太閤立志伝が好きです。
かなりやりこみました。
これは自分で好きに、戦国時代を生き抜けます。商人、忍び、剣士、大名、茶人。
マイナーな人物もたくさん出てきて、名前も覚えますし。各地の特産品や、地名も覚えるし勉強になります。
日本史の勉強になるかも。

世界史版はこちら

コーエーテクモ定番シリーズ 大航海時代IV ROTA NOVA/コーエーテクモゲームス
¥1,944
Amazon.co.jp


こちらもかなり、世界の特産品など勉強になりました。さすがコーエーさん。歴史は強い。



かなり話がとびとびになりましたが、ざっとご紹介いたしました。

 

www.rinnrinnkarinn.xyz