凜のヲタク的日常 はてなの章

ゲーム・アニメ・漫画などリアルでは語れない事を発信(BL含&分別)

幸の天秤(年齢制限あり乙女ゲーム)フルコンプしました!


10月31日発売。



(バナーは公式より配布されているものです。リンクはつながれていません)



幸の天秤フルコンプしました!所要時間は4時間程でしょうか。

・・・・・・・・

あらすじ

主人公は地味な女の子。
幸という名前とは違って、薄幸な境遇。
両親はいなく、今の楽しみは大好きな彼との結婚。

しかし、彼から突然の別れ。
身を削ったお金はとられてしまい、唯一の望みも絶たれ絶望した彼女。


もう生きる希望もなくなったとき、そこには天使の微笑みを浮かべた男性。

「ありきたりな悲劇のヒロインとして終わりを受け入れるか。
       それとも僕に協力して、復讐するか――――――― 」


・・・・・・・・・



以下ネタバレもあるので、注意です。




主人公は地味な女の子。

ですので、まずはルート分岐。


復讐するか、天使の彼についていくか。


選択肢はどっちに好印象なものを選ぶだけなので、悩まずサクサクいけます。

そこで彼女の容姿も性格も変化。


ですが、根はやさしい女の子です。

それほど違和感なく話は進みます。



私は
攻略順は天使→復讐の順番でいきました。

エンディングは専用エンドが2つ
バッドエンドが4つの計6つ。


天使くんは王道なので、乙女ゲームらしい展開。ほろりときてしまうセリフもあります。


問題は復讐ルート。


罪悪感がずっとあります。
そして報われない展開に。
やはり納得できない、許せない気持ちがあり。
モヤモヤがずっとあるまま終わりました。

ダークです本当に。

最近は、ヤンデレがはやってる傾向にありますが。
ヤンデレではなく、狂ってるです。

みんな狂ってる!!!!わーあああああああ。
って感じになりまして。激しくむなしくなりました。


ある意味地雷だったかも。

主人公が鋼の心と、寛容な心。
そして、なんでそれほど彼に尽くすのかが分からず。

私は天使君ルートだけでお腹いっぱいでした。







そして、短編をコンセプトにしているこの作品。

かなりあっさりです。

文章は悪くなく、絵はそこそこ綺麗。
良作の部類ですが。

この値段で満足するかというと、ちょっと。

フリーゲームで乙女ゲームがかなりクオリティが高いものも出ている今。

この値段で満足するのは難しいです。


ここのメーカー様はこの作品↓

越えざるは紅い花~大河は未来を紡ぐ~/dramaticcreate
¥7,020
Amazon.co.jp

 

すごく優秀な作品だったので、期待していたのは大きかったです。

 

また聴く乙女ゲームのこちら

 

 

その愛は病にいたる/Operetta
¥3,086
Amazon.co.jp




こちらもよかったので、今回も期待でした。

そこで少し肩すかしを食らった感じです。


悪くないけれど、もう少しシナリオや絵が丁寧にできなかったのだろうか。

そんな気がします。


定価で買うのは少し待った方がいいかもしれません。

星三個くらいの評価かな。