凜のヲタク的日常 はてなの章

ゲーム・アニメ・漫画などリアルでは語れない事を発信(BL含&分別)

購入した漫画 リヒト 光の癒術師 二巻 (ネタバレと感想あり)


では今回は、期待の新人作家さんの漫画二巻目のご紹介。


リヒト 光の癒術師-ハイレン-(2) (エッジスタコミックス)/小学館クリエイティブ
¥648
Amazon.co.jp



一巻目のご紹介記事もありますので、よろしければご参照ください。

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 





このマンガはすごい!!のオトコ編で一位だったダンジョン飯もファンタジーとグルメの新感覚。

こちらの漫画は医療とファンタジーの絶妙な組み合わせが特徴的です。

ファンタジーだと魔法を使って傷ついたひとを癒すということがあります。

この物語の世界観は、魔法はありますが、万能ではありません。

一種の薬と同じようなもの。

人間の身体の治癒能力は引きだせますが、限界があります。

ですから、手を尽くしても救えない命がリアルに描かれています。

看護師や医者のような、この世界観での医療従事者の職業をハイレン<癒術師>といいます。

一巻では、姉に反対され半場無理やり試験を受けたティナ。

彼女が見習いとして働きだしました。

そこで味わう命の現場。

通用しない今までの知識。




では二巻を簡単にご紹介しましょう。




あらすじ



ティナは意識の戻らない男性の看護をする。

彼はジルバさん。

心筋梗塞で倒れてから意識が戻らない。

ティナは彼に挨拶することで一日が始まる。


ティナの姉は検事。

両親が亡くなったのは、癒者が救えなかったからではと少なからず恨みがあった。

しかしティナは真摯に癒者になろうとしている。

それを自分も負けてはいられないと奮起する姉。


癒者にも種類がある。

その一つに救急癒者というものがある。

動物にのり、どんな険しいところでも入っていき、レスキュー活動もするのである。

中には過酷な現場に、適性がないと判断される人もいる。

ティナの友人も救急癒者になりたいという。

ティナも動物に乗りこなせるよう訓練を始める。


その中、任務が課せられる。

万能薬と言われるジャガラ石を採取するのだ。

しかし断崖絶壁の場所。

ティナが転落しそうになり、代わりに友人と指導者が転落してしまう。









二巻はここまでです。






感想





やはり新人さんということで、絵は安定はしていません。

それに多分エピソードとしてはいいものがあるのですが、描きこなせてない印象です。

色々もったいないと感じてしまう作品です。

次巻は少し様子見をする予定です。

テーマとしてもいいものだと思うので、レンタルはしたいなと思います。

ティナも主人公っぽいのですが、特徴があまり感じられなくて。

作者さんも二足のわらじだということで、大変かと思いますが是非がんばってほしいですね!


ではまた次回。



 

www.rinnrinnkarinn.xyz