凜のヲタク的日常 はてなの章

ゲーム・アニメ・漫画などリアルでは語れない事を発信(BL含&分別)

購入したBL小説 交渉人シリーズ&nezシリーズ 榎田尤利先生

1月1~3日まで、記事を連投企画続行!!!


昼の12時に、一般漫画記事を一記事。
夜の22時に、BL記事を一記事更新予定。




12月のテーマ、それは・・・・

感化されて榎田先生の小説を読もう月間!!!!

 

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

www.rinnrinnkarinn.xyz

www.rinnrinnkarinn.xyz

www.rinnrinnkarinn.xyz

www.rinnrinnkarinn.xyz

www.rinnrinnkarinn.xyz

 


前回までの記事です。

企画をたてた段階で12月は越すなと思ったら案の定1月になってしまいました。

それでも記事に書けたのでよしとします。

今回は榎田先生の人気作、二作をまとめてご紹介。




その前に、実は結構おすすめのブックカバーを発見しました。

【ふるさと割 クーポン 30%OFF & 送料無料】ブックカバー 9サイズ PVCレザーブック...
¥1,080
楽天

私現在、こちらのブックカバーでBL小説を隠し持っています。
ふるさと割で30パーオフの製品で、日本製。
かなり丈夫でして、汚れにも強い!

学校の資料もこちらのカバーをかけて、鞄に入れてます。
大きさもバリエーションが豊富ですので、私は2つまとめて買いました。

楽天買い回りセールのときには、ポイントアップ対象になるので、是非お気に入りしておくと何かと便利かも・・・?!



さて話は戻って。


まずは交渉人シリーズ。



交渉人は黙らない (SHYノベルス)/大洋図書
¥929
Amazon.co.jp

 

交渉人は疑わない (SHYノベルズ)/大洋図書
¥929
Amazon.co.jp

 

交渉人は振り返る (SHYノベルス)/大洋図書
¥929
Amazon.co.jp

 

交渉人は諦めない (SHYノベルス)/大洋図書
¥929
Amazon.co.jp

 

交渉人は嵌められる (SHYノベルス)/大洋図書
¥929
Amazon.co.jp

 

スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)/大洋図書
¥929
Amazon.co.jp

 

交渉人は愛される (SHYノベルス)/大洋図書
¥972
Amazon.co.jp

 

交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)/大洋図書
¥1,620
Amazon.co.jp


8作あります。
私も最初の三巻は中古本にて購入後、ダウンロードした方があとは安い!
と思い電子書籍で買いました。

特に後半は、人気が今でもあり、送料込だと中古本でも高めです。

ポイントのことを考えると電子書籍のがお得に購入できることも多いですよね。

ネゴシエーター(交渉人)とその筋のモノのお話です。

まだ実は3冊しか読み終えていませんが、勢いよく、まとまった文体は榎田先生の真骨頂。

榎田先生の名作・魚住くんシリーズと比べると物足りない。そういう意見もあるでしょう。
(実際に母は断念していました)

私としては安心して読めるシリーズということで、おすすめしたいですね。

カップルとして恋愛の経緯は少な目、しかしこの二人はくっついてから巻き込まれる事件簿が楽しい。

BL版の釣りバカ日誌のような安心感と、安定感があります。

私は釣りバカ日誌は大好きですので、こういう事件簿のようなものも好物です。



一方、今回もう一つ紹介するのはnez[ネ]シリーズ。



nez [ネ] (SHYノベルス291)/大洋図書
¥929
Amazon.co.jp

 

 

nez[ネ] Your Lovely Smell (SHYノベルス)

nez[ネ] Your Lovely Smell (SHYノベルス)

 
nez [ネ] (SHYノベルス291)

nez [ネ] (SHYノベルス291)

 
nez[ネ] Smell and Memory (SHYノベルス319)

nez[ネ] Smell and Memory (SHYノベルス319)

 
nez[ネ] -Sweet Smell- 【イラスト付】 (SHY NOVELS)

nez[ネ] -Sweet Smell- 【イラスト付】 (SHY NOVELS)

 

 

こちらは二冊は中古で購入、3冊目は電子書籍。
4冊目はまだ購入していません。

1冊目は読み終わりました。

こちらは交渉人シリーズとは微妙に違います。

かといって恋愛の過程よりは、二人の奮闘劇、ビジネスシーンが巧みなお話。

こちらはBL作品でなくてもよかったのでは?というくらい、キャラクターが個性的で作りこまれています。

ただ逆にいうと、BLでなくても十分にお話が成り立つので、恋愛が必然的には感じません。
BLだからこその葛藤やジレンマを要素を求める方はしっくりこないかも。

私もBLとして最初読んでいたので、キャラクターが個性的すぎてあまり好みではありませんでした。

ただBLではなく、一般小説としての登場キャラクターは好きかもしれません。

かっこいいですし、何もよりも癖がありますからね。

榎田先生は本当に様々な作品が描けるものだと、感心してしまいます。


これらをすべて読むのにはまだ時間がかかりそうですが。

アマゾンのレビューを見た感じですと、外れがなく最後まで読めそうなので安心しています。

では今回はこの辺で。

また次回。





 

www.rinnrinnkarinn.xyz