凜のヲタク的日常 はてなの章

ゲーム・アニメ・漫画などリアルでは語れない事を発信(BL含&分別)

定期購入 BL漫画 純情ロマンチカ21巻 宇佐見の過去と周囲の人々

 

 

定期購入 純情ロマンチカ21巻発売しました!

 


分かってはいるけど、でも二人の行方をみたい。
そう思って買っているのが、純情ロマンチカ
今回は21巻のご紹介です。

 前回の20巻の記事はこちら

rinnrinnkarinn.hatenablog.com

 



中村先生の描く漫画は大人気。
現在は、編集者との恋愛と描く世界一初恋も連載中です。
こちらもご紹介させて頂きました。

 

 

rinnrinnkarinn.hatenablog.com

 


もう気が付けば21巻の純情ロマンチカ。恋人関係では一応あるものの、家族のことなどがあり。
そして主人公の美咲がまだ学生という事もあり、前途多難です。

簡単に純情ロマンチカのあらすじを過去に書いた記事より抜粋いたします。

 

純情ロマンチカとは?いままでのあらすじ



あらすじ



超有名小説家(BLも書く)の宇佐見秋彦と恋愛中の大学生、高橋美咲。

(宇佐見氏は高橋の兄と同級生で、兄を好きだった。
主人公・美咲は成績が悪く勉強をみてもらうことに。
兄は宇佐見の気持ちを気が付くことはなく、結婚を嬉しそうに報告する。
宇佐見の気持ちをしった高橋は兄に激怒するも、優しい宇佐見に惹かれる自分がいるのに気が付く。
大学に無事受かり、新婚の家庭を邪魔しない&学校から近いという理由で宇佐見と同居することに。
宇佐見はまっすぐで素直な高橋に、依存にも近いほどの気持ちをもつ。
家庭の味でご飯を作り、しっかりした家事をする高橋。
胃袋も生活も面倒をみてくれる高橋に、べったりな宇佐見氏。
そんな二人が巻き起こすストーリー。
現在高橋は出版会社に内定をもらうことに。卒論で大忙しの美咲、しかし宇佐見の父親の地味な干渉と、自分の兄へ宇佐見との関係をどう説明するかなどいろいろ悩むことに)




純情ロマンチカ (21) (あすかコミックスCL-DX)/KADOKAWA/角川書店
¥648
Amazon.co.jp

 

 

21巻の内容は?あらすじのご紹介(ネタバレを含むので注意!)



では21巻のネタバレを含む簡単なあらすじです。


卒論に大忙しの美咲。
しかしウサギさんは構ってほしいのか、何かと邪魔をしてくる。
いつものノリで「卒論に集中できる環境があればなあ」とウサギさんに軽口でいってしまうと・・・・

お酒を飲まされて、気が付いたらウサギさんに拉致されていた美咲。
目を覚めたらお屋敷で、執事の田中さんと犬のアレクサンダーもいた。
そこには、美咲に告白をしたウサギの兄・春彦がきた。
不穏な雰囲気のウサギ兄とウサギさんに心配していると、二人が会話をする声が聞こえてくる。

二人の話によると、ウサギさんは正妻の子どもだが、ウサギパパは兄を可愛がった。愛妻はあくまで愛人の方で、ウサギさんの母とは冷え切った関係だった。
ウサギ兄の母が亡くなり、家に引き取ることになったのだが、会社の後継者はあくまで春彦というウサギパパ。
ウサギさんは幼いながら、勉強をがんばればみんな自分を認めてくれると思ってがんばった。
しかし母親から冷たくされ、父親も関心がないようだ。

ウサギさんはそのやり場のない気持ちを、文章を書くことで紛らわせた。

春彦も母親が亡くなり、自分の力を認めてもらおうと必死だった。
子どもでは義兄弟のウサギを見やる余裕もなかったという。

しかしウサギ兄は、美咲が好きであり、美咲に幸せになってほしいとウサギに伝える。
そのためにウサギパパには警戒しておいた方がいいと助言する。

ウサギさんと美咲は思わぬところに味方がいることに驚く。

論文の目途がたち、家に戻ってきた美咲とウサギさん。
そこに美咲の兄から電話が入る。仕事でくまパークに息子を連れて行くはずが行けなくなってしまい、子どもに泣かれてしまったというものだ。

ウサギさんと美咲と、兄嫁と甥っ子4人でクマパークへ行くことになる。
ウサギさんと美咲の仲のいい雰囲気に、兄嫁は微笑ましく思う。
しかし美咲が大学を卒業したら、住む家のことの話題になると美咲は何も言えなかった。
ウサギさんとの関係については、何も言えない。

そこ場所に偶然にウサギの親友で美咲の大学の教授の上條と、その恋人・野分に出会う。
上條は美咲に面識があったものの、ウサギの同居人だったことを初めて知る。

ウサギは人と住むのができないやつだから、美咲は貴重な存在。とエールをもらうことになった。

ウサギさんは美咲と出会って、大切なものを手に入れ、心が穏やかだと笑う。
美咲とウサギさんの心は、ゆっくりではあるが、しっかりと結びついてきている。


感想

 

 


ウサギさんの過去は意外とベビーでした。執着があるようでない不思議な感じは、育った環境に関係あったようですね。

 

ただ、ウサギさんには味方がたくさんいます。まだまだ課題は山積みですが、希望を感じたお話でした。


巻末に、4カップルのお誕生日の短編があります。これらも甘々な展開で面白かったです。
気になる方は是非、お手にとってみてください。

 

 

 

おわりに



今回はラブラブなシーンが多かったです。
それだけウサギさんが幸せオーラが全開で、美咲と出会って幸せ!!!!
というシーンがたくさんありました。
でもまだまだ家族の話は問題は山積みで、これから少し悲しい展開の前段階なのかもしれません。
ラブラブな二人をみて、ウサギさんの過去話をみるなら21巻がおすすめです。

では今回はこの辺で。

また次回。




純情ロマンチカの関連記事はこちら

 

rinnrinnkarinn.hatenablog.com

rinnrinnkarinn.hatenablog.com

rinnrinnkarinn.hatenablog.com

rinnrinnkarinn.hatenablog.com

 

 

 

 

その他BL漫画についてはこちらをどうぞ

 

 

rinnrinnkarinn.hatenablog.com