凜のヲタク的日常 はてなの章

ゲーム・アニメ・漫画などリアルでは語れない事を発信(BL含&分別)

図書館で借りたシリーズ 空腹が人を健康にする

 

3月に入りました。

先月は読みあさっていて、備忘録として読んだ本の記事を書きました。

読みにくい本も読みながら、さくさく読める本も読んでいます。

力を込めてばかりの本は、読んでいて疲れるからです。

 

同時進行で2~3冊読み散らかしながら読むこともあります。

途中でどうも感性に合わないなとか、どうも文章が頭に入らないという本もあります。

 

人間だってあわない、あうはあるのだし、アニメだってゲームだって漫画だって相性があります。

あう本もありますし、あわない本もあります。

 

その分、自分にあったものを見つけるのも楽しいことですね!

 

 

今回はとても、理にかなっていておもしろかった本をご紹介します。

 

 

 

空腹が人を健康にする

一日一食で20歳若返る

 

 

 

テレビでよくコメンテーターをしている南雲吉則さんの本です。

外科医です。

 

見た目が若々しい南雲先生ですが、独自の健康法を提唱しています。

 

最近、芸能人で一日一食しか食べないひとが結構います。

有名どころだと、タモリさんも一日一食だそうです。

 

話には聞いていたことがあるのですが、一日一食だなんて無理!と思っていて、どんな健康法だ?!と思いました。

先に結論をいうと、無理のない方法で、実に理にかなっていると思いました。

 

 

一日一食というのは、慣れてきたらでOK

そもそも人間の体とは、飢餓に耐えられる体であるので、空腹の時間を作るというのが目的です。

空腹の時間を作ってから、ゆっくり好きなものを食べる。

そうすることで、体の免疫力が高まり、体が適性の体重になり、体が中からきれいになっていくそうです。

一日一食というよりは、お腹がグーとなって1時間したくらいで一汁一菜くらいの食事をする。

もちろん1~3食でも構いませんとのこと。

 

時間だから、お腹がすいていないのに食べたりすると。

食べ過ぎたりして、結果、癌や糖尿病になったりするとのこと。

ただ妊娠中の女性や成長期のお子さんは、ちゃんと3食を食べることが大切だそうです。

 

小腹がすいたら、クッキー、果物。そしてガムをかみ、血糖値を緩やかにあげるのがいいそう。

水もむやみにとる必要がないし、必要なときに、必要な分だけとるのがいいそうです。

 

南雲先生がいっていたのは100年人生を健康にすごそうということ。

以前も本で触れましたが、これから100年生きるだろう時代。

ただ生きるだけでは悲しいです。

健康に100年生きる方が、好きなことができ、好きなものがたべられ、幸福度の高い生活ができます。

まずは健康に生きること。

 

体がもともともっているパワーを最大限に使いながら、無駄に医者にいかず、規則正しい生活をして、心も体も健康に過ごしたいなと本を読んで再確認しました。

 

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

 

細かいルールなどは本に書かれているので、本屋でパラパラみてもいいですし、図書館にも置いてあるでしょう。

2012年に出版されているので古本屋さんにもありそうな気がします。

ぜひ、自分の生活習慣を見直し、やれそうなことは取り入れて、今後の人生を楽しく過ごしていきたいです。

 

 

では今回はここまで。

 

また次回に。