凜のヲタク的日常 はてなの章

ゲーム・アニメ・漫画などリアルでは語れない事を発信(BL含&分別)

購入した漫画 黒執事 22巻 (感想あり)


11月は購入している漫画の発売が続きました。

購入している方としては、毎回ワクワクしています。
大体楽天ブックスにて予約していますので、朝にはポストに入っています。
ポイントもつくし、買いに行くのも面倒なときも安心。

さて今回は、黒執事22巻。


黒執事(22) (Gファンタジーコミックス)/スクウェア・エニックス
¥607
Amazon.co.jp




前回の流れを書いたものはこちらの記事よりどうぞ。

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 






今作は、狼の森での完結編。
前回では、黒執事恒例のバトルシーン。


まずは、漫画についている帯をチェックしてみましょう。






その執事銀幕登場

劇場アニメ化決定




22巻では、悪魔6読み切り

昨年開催されたキャラクター総選挙

当選キャラ総出演の番外編(P38)を収録。




黒執事 BLACK LABEL 11月18日始動

原作者、先生の自ら手掛けるこだわりグッズ


〇ラバーストラップ
〇書き下ろし複製原画
〇ファントム社ビターラビット
〇ファンロムハイヴ家懐中時計
〇ファントム社トランプ

詳細&予約はe-STOREをチェック!











では22巻の簡単なあらすじを。


前回、女ドイツ軍と交戦したファントム家。
無事圧勝したが、そこには片づけることがたくさんあった。

それは森にいた少女。
彼女は魔法使いではなく、研究者だった。
そして魔法を使うのではなく、化学物質の開発をしていた。
それはドイツの切り札になる。

揺れ動く国家間での陰謀。

シエルは少女・サイヴァンを女王に謁見させることを決める。

しかし、彼女が開発してしまったサイヴァンのガスは封じることに。

そして死神たちは、気になることを言う。
彼らは元人間、そして自ら命を絶ったものだという。


サイヴァンの執事のヴォルフとサイヴァンは女王に謁見する支度をする。
完璧なレディに仕上げられる。

もちろん、それはシエルの婚約者リジーたちも協力する。

しかし葬儀屋の不穏な動き。
シエルは彼が残した言葉に胸騒ぎを感じるのだった。





ここまでが22巻の大筋。



後半は豪華な人気投票の漫画です。

シエルもパパたちも出てきてにぎやかになっています。








感想




ここで森の魔女についての話は終わりましたね。
サイヴァンとヴォルフが生き残ってよかったです。
彼らはこれからも活躍するのでしょうね。

しかし葬儀屋が、色々なところで不穏な足跡を残しています。
伏線がいたるところではられていますね。

・国家の思惑
・死神たちの思惑
・シエルの思惑
・葬儀屋の思惑

が今回交差していましたね。

次回はなんと、婚約者リジーが失踪????
ということで学園編で出てきたメンバーが再登場するみたいですね。
これは気になるところです。


では今回はこの辺で。


また次回。




 

www.rinnrinnkarinn.xyz