凜のヲタク的日常 はてなの章

ゲーム・アニメ・漫画などリアルでは語れない事を発信(BL含&分別)

2018年春アニメも終了!簡単な感想と評価など

 
6月の疲れが残っていて、寝ても寝た気がしません。
夜も寝苦しく、作業もする気にならなく。
ただ、本読んだり、アニメを見たり。
ある意味、寝苦しさなど関係なく
平常モードでオタク生活を満喫しています。
 
6月末は、春アニメの最終回が続きました。
そこで簡単な感想と、評価をまとめたいと思います。
 
 
その前に、毎回のお話。
いいアニメだなと思う基準がわたしにはあります。
 
・子どもも大人も楽しめる
・王道
 
この2点がいいアニメだと判断することが多いです。
苦手な傾向は、鬱表現が過多。グロテスクな表現が多い。
アイドルアニメも苦手な範囲で、声優さんメインのアニメもあまり好みません。
ガンダムなどのロボットアニメも、好き嫌いが激しいので好みが合わないことがあります。
ですので、一般的なアニメランキングで上位作品が、わたしにとって好みではないことも多いです。
 
あくまで独自の判断で、好きなもの、苦手なものと決めています。
 
見ようと思ったのは28作品。
視聴環境がなく、保留している作品が1作品。
断念したものも、多くありました。
ですが、やはり友人にすすめられ復活した作品も。
あとは無精で、最終回だけみたというものもありました。
最後が気になるのが、やはり最後まで見てしまうパワーになります。
 
 
 
《2018年視聴した春アニメ》
 
 
ヒナまつり(視聴完了)
 
 

 

ヒナまつり 1 [Blu-ray] ヒナまつり 1 [Blu-ray]
5,619円
Amazon

 

 

本作をまったく知らなかったため、見てびっくり!

1話から、女の子が変な機械で部屋にいて。

彼女はサイキック

そんな彼女を引き取る、人のいいヤクザ

そして女の子を追いかけてきた、もうひとりのサイキック女子はホームレス生活

女の子は学校へ通い出し(給食が食べたいため)

そこで出会ったトモダチは、なぜか夜バーテンダーになり。

中学生の子どもたちが、地域のダメな大人達に負けず

のほほんと、過ごしているのが面白かったです。

今まであまりみたことがないタイプの作品です。

 

ノリは、銀魂に似ているのですが、イケメンキャラはいません。

毎回飽きず進んでいき、漫画買おうかなと思った作品です。

本屋でも一番目立つ位置にコミックが置いてありました。

アニメ化して、成功した作品だと思います。

○ですが、非常に◎をつけたい作品です。

 

 

 

食戟のソーマ 餐の皿 遠月列車編(視聴完了)
 

 

 

 

食戟のソーマの三期。

二年生の進級試験は、退学をかけたもの。

遠月学園の経営権を掌握した、ナキリ父。

そんな父に対抗する、極星寮のみんな。

彼らは北海道で、列車にて試験を受けることに!

とにかく、料理アニメの王道の作品。

長いクールになってきましたが、飽きてきません。

今まで敵対していたソーマとエリナが手を組んで戦うのは見物!

まだまだ続く戦い。次回も楽しみにしています。

 
 
 
鹿楓堂よついろ日和 (視聴完了)
 

 

 

 

正直、イケメンアニメだと思っていました。

もちろん声優さんは豪華なのですが。

真面目な食のアニメです。イケメン要素はあるけれど、

それよりも、お客さんとの心温まるエピソードに毎回癒やされました。

こんなお食事処あってほしいな!と切実に思います。

デザートも美味しそうだし、ラテもお茶も、お食事もおいしそう。

1話目で女子アニメだと思って切るは、もったいないです。

良作のアニメでした。

 
 

ピアノの森 (視聴完了)
 
NHKアニメですので、出来は折り紙付。
大人も子ども見られるアニメです。
ショパンコンクールへ挑む、貧しい生まれの男の子のお話。
まだまだ続くので、感想は簡素に。
音楽は素晴らしく、大人が子どもに見せたいアニメっぽいです。
2019年1月より二期が決定しています。
 
 
かくりよの宿飯 13(2クールへ)
 
唯一の肉親の祖父が亡くなり、天涯孤独になった葵。
そんな彼女が嫁入りした先は、なんとかくりよ。妖怪がいる世界。
そこの大きな宿屋の若旦那の鬼が夫。
祖父の借金のかわりに嫁入りをせまられます。
しかし、葵は自分で借金を返済すると言って!?
 
妖怪の世界でのほんわかした日常と
おいしい食事をみるアニメです。
食事はそこまで凝ったメニューではありませんが
題名からして王道のライトノベルといった風合い。
少女漫画が好きな人なら、はまるアニメです。
 
 
 
 

△銀河英雄伝説 (視聴完了)
 
銀河英雄伝をあの藤崎竜さんが描き直しました。
それをアニメ化です。最初は違和感がありましたが、
みているうちにこれはこれであり!と思いました。
原作は結構ドロドロした感情が鮮明に描かれていました。
ですが、これは初見さんも見やすい。
イケメン率も高いので、男性も女性も楽しめそうです。
 

△3D彼女 リアルガール(視聴完了)
 
昔一巻だけ読んだことがありました。
アニメをみて、これ最後までみられるのかな?と疑問に思いつつ。
気がついたら最後までみてしまいました。
第二期は放送が決まっています。原作は完結済みです。
オタクでぼっちの高校生に、美人な彼女ができた!
オタクとリア充。でも、お互い居心地がいい関係。
ですが、半年後彼女は海外へ行ってしまいます。
限られた期間での、お付き合い。
途中、作画が崩壊していて、すごい顔になっていました。
ですが作品としては面白いと思います。
 
 
△デビルズライン(視聴完了)
 

 

 

現代世界にいる、吸血鬼の話。

前半はほぼセクシーシーンが入ってました。

ですが、後半になればなるほど、真面目なお話になっていきます。

鬼と人間は共存できるのか?そして付き合って、人生のパートナーとして生きていけるのか?

吸血鬼に隠された謎と、組織、そして吸血鬼を壊滅させようとする集団も。

続きが気になっています。ただあまり万人受けしない作風かもと思います。

やや古くさい感じと思う人もいるかも。

 

 
 
△メガロボクス (視聴完了)
 

 

 

明日のジョーをオマージュした作品。

ですが、ほとんどオリジナルです。

ギアという機械をつかって、ボクシングをするメガロニア。

市民権をもたない貧民のジョーが、ギアなしでボクシングに挑みます。

数々のライバルを倒し、ジョーは頂点を目指していきます。

 

1話目がかっこよく、期待値が高い作品でした。

ただ、盛り上がりにかけるというか。

ジョーに魅力がかけている印象がありました。

人間味が少ないというのでしょうか。共感があまりなかったです。

音楽も映像も素晴らしいので、もったいない作品だなと思いました。

声優さんも素晴らしかったです。

 

 


△ウマ娘 プリティーダービー(視聴完了)
 
歴代の名馬が擬人化したアニメ。
発想も面白く、女の子がかわいいアニメ。
スポーツアニメです。
ただ途中から少し飽きてきて、予想できる内容でした。
ただキャラも可愛く、みていて癒やされるアニメでした。
 
 

△コミックガールズ(視聴完了)
 

 

 

まんがタイムきらららしい作品。

4人の漫画家の高校生の生活です。

決まったパターンなのですが、癒やしアニメ。

ただパターン化しているので、やや飽きがきます。

 
 
△魔法少女 俺 (視聴完了)
 

 

 

漫画原作。
女の子が、魔法少女に変身したら筋肉ムキムキの男子!?
原作が2冊でしたので、どうなるのかなと思っていました。
単調になった回もあり、身内のネタのようなところもありました。
ネタアニメとしては面白い作品です。
 
 
△多田くんは恋はしない (視聴完了)
 
オリジナルアニメ。
月刊少女野崎くんのアニメを作った、制作陣がつくったアニメ。
野崎くんのノリもありましたが、違うアニメです。
オリジナルの難しさを感じました。
最後の結末が知りたかったため、途中はとばしてしまいました。
可愛らしいアニメです。
 

△カードキャプターさくら クリアカード編2クール(視聴完了)
 

さくらちゃんが帰ってきた!

小学生だったさくらちゃんが中学生に!懐かしいメンバーが集結。
懐かしい作品です。原作のストックがないため、途中のまま終わりに。
ただ昔のさくらちゃんが好きな人には、おすすめしたいアニメです。
 

△弱虫ペダル 4期2クール (視聴完了)
 
弱虫ペダル4期。
2年目になって、1年目の続きのような感じで少しだれてきた面も。
ただキャラは相変わらずたってるアニメです。
個人的に御堂筋くんがおもしろいので(特にアニメだと効果音がすごい)
見続けていきたいです。
 
 
 

・ゴールデンカムイ(視聴環境がないため保留)
・宇宙戦艦ティラミス(6話で断念)
・ラストピリオド (6話で断念)
・Butlers~千年百年物語~(3話で断念)
・カリギュラ(3話で断念)
・ヲタクに恋は難しい(2話で断念)
・あっくんとカノジョ(1話で断念)
・魔法少女サイト(1話断念)
・ソードアートオンライン オルタナティブ(1話で断念)
・実験室家族(1話で断念)
・ニル・アドミラリの天秤(1話で断念)
・されど罪人は竜と踊る(1話で断念)
・ありす OR ありす(1話で断念)
・立花館 To Lieあんぐる(1話で断念)
 
 
 
ゴールデンカムイがみたかったのですが、
dアニメストアにも、地上派にも、アマゾンプライムビデオでも見られず。
ただこの3つを使えば9割のアニメは見られるのが嬉しいです。
傾向的に、漫画化されたものは、アニメ化しても外れがありません。
また小説原作などもはずれがありません。
難しいのはゲーム原作のアニメ。
長さの尺が調節が難しいのかもしれませんね。
 
でもアニメのおかげで、しんどい時期も乗り越えられました
漫画もそうですが、作品にリスペクトは忘れてはいけないなと常々思っています。
制作スタッフの方々お疲れさまでした。
次の夏アニメも楽しみにしています。
 
ではまた次回に。