凜のヲタク的日常 はてなの章

ゲーム・アニメ・漫画などリアルでは語れない事を発信(BL含&分別)

日本エレキテル連合 単独公演「Neo Doki-DOki(ネオ ドキ ドキ)」鑑賞しました!

 

日本エレキテル連合 単独公演「Neo Doki-DOki(ネオ ドキ ドキ)」鑑賞しました!

 

日本エレキテル連合は、毎年単独公演をしています。著者も何回かリアルライブを鑑賞しました。

 

 2015年 死電区間 初お笑いライブ参戦!

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

 2017年 地獄コンデンサ 鑑賞してきました!

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

去年は参加できなかったのですが、残念ながらDVDを鑑賞できていなくAmazonなどで配信を楽しみにしています。

 

 2019年 単独公演 君莫笑 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

日本エレキテル連合 中野さんが結婚!

 

日本エレキテル連合といえば、ネタを考えている中野さんがご結婚されました。YouTubeなどではなれそめなどが特集され、独特の夫婦観がでていて、結婚されて新境地でのコントなども出てくるとわくわく楽しみにしています。

 


【タイタン東スポ部】新婚ホヤホヤ!日エレ・中野夫妻が登場!


【タイタン東スポ部】日本エレキテル連合・中野&松尾アトムが新婚生活を告白!


【タイタン東スポ部】新婚・松尾アトムにパンツ泥棒疑惑

 

個人的に橋本さんが先に結婚するのかな?と思っていたので、ちょっとびっくりしました。芸人としてが一番なのが変わらないスタンスのようで、これからも二人のコントがみられるのがうれしいです。

 

今年の単独公演 見たいけれどみれないと残念に思っていたが……

 

f:id:rinnrinnkarinn:20201018014259p:plain

Neo_Doki-DOki

 

今年も9月17日~20日、渋谷のユーロライブで単独ライブがありました。ですが東京へは行けないので、今年もみられないのかと残念に思っていました。

 

しかし、ビッグニュースが!!!なんと、日本エレキテル連合のメンバーシップが始まりました。メンバーシップとは、YouTubeの日本エレキテル連合の感電パラレルの有料会員のことです。

 

特典として、会員限定の動画やなんとライブ配信なども視聴できます。そして、そこで単独公演の動画もアップされているのです。

 

今まではDVDになるまで待っていましたが、月額490円でライブ動画がみられるのがすごいです。

 

 

今までの公演をみてきて、すぐ有料会員になりました!ライブチケットも安いと思っていたのに、月額490円は安すぎる!

 

そこで限定公開の単独公演「Neo Doki-DOki(ネオ ドキ ドキ)」の動画をみてみました。

 

詳しくはぜひ動画をみてほしいです。夫婦のことあり、女と男の醜さありと、全体的に大人な内容ですね。また時事ネタももりこんだりと、くすっと笑える小ネタも満載!

 

感電パラレルは定期的に視聴しているのですが、新作でした。

 

おすすめの視聴順は、まず単独公演を一回視聴!そのあとは日本エレキテル連合のお二人がコメントしながら単独公演をみる動画も限定公開されています。二回目はそちらをみることがおすすめ!

 

今回のテーマであったり、作品のこだわり、小ネタがわかり二度おいしい内容になっています。

 

コロナ禍でも感電パラレルで元気づけられた!感電パラレルにも期待!

コロナでなんだか暗い気持ちになることが多いですが、感電パラレルの動画はいつも元気をくれます。日本エレキテル連合は、いわゆる底辺の人たちの小さな営みに焦点をあてているようで、そこに愛を感じるのです。

 

社会の闇の部分であったり、いっけん目をそむけたくなることだってあると思います。ですが、人間のあたたかさを感じることができます。

 

最近は、ZOOMネタや地雷メイク女子だったり、インフルエンサー女子であったりとトレンドをおさえたネタ動画も多くあります。

 

 最近の面白動画 昔の深夜なセクシー番組にか思えない

 

 ZOOMネタでいまどき女子が世間話するネタ

 

 橋本さんの意識してる人シリーズも好き!似ているんですよね

 

 

まとめ

YouTubeもたくさんの芸人の方がはじめましたが、日本エレキテル連合はそのなかでも古参!たくさんのネタ動画をあげています。

今回はメンバーシップで、ライブ動画がみられてしまうのはとってもお得!感電パラレルに公開されている動画も毎回笑ってしまうほどの面白さ。

 

新しい時代のツールを使いつつ、風刺をいれたり、昔の懐かしい映画ネタなども盛り込み、どんな人にでも楽しめるネタになっているなと思います。

 

もっとたくさんの人にみてもらいたい!と思っていたら、中国のSNSちゃんねるも開設したとか!これから中国も進出でしょうか。

 

熱狂的なファンも多い日本エレキテルの活躍に今後を楽しみにいています。

 

日本エレキテル関連記事はこちらから

 

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

www.rinnrinnkarinn.xyz

www.rinnrinnkarinn.xyz

www.rinnrinnkarinn.xyz

www.rinnrinnkarinn.xyz

www.rinnrinnkarinn.xyz

www.rinnrinnkarinn.xyz