凜のヲタク的日常 はてなの章

ゲーム・アニメ・漫画などリアルでは語れない事を発信(BL含&分別)

最新刊 青春×機関銃 8巻を購入した! (ネタバレと感想あり)



10月下旬に発売した青春×機関銃の8巻の記事です。
前回、アニメ部分から~7巻までの記事をまとめましたので。
そちらの記事も未読でしたら参照してください。

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 



 

青春×機関銃(8) (Gファンタジーコミックス)/スクウェア・エニックス
¥617
Amazon.co.jp



さて前回までは、新しい仲間が入り、そして練習をすることになったトイ★ガンガンの4人。

そこではなんと多勢に無勢のルール違反な試合を申し込まれました。

7巻の終わりでは、なんとライバル・ホシシロのリーダーが出てきて?!

8巻では共闘することになります。

今回表紙は、主人公・立花蛍。原作者さんは蛍を女性と認識していないそうで。

誰よりも、イケメンな蛍。

まさに主人公であり、少年誌みたい。




では簡単なあらすじをまとめていきましょう。










あらすじ





ホシシロのリーダー、緑。
トイ★ガンガンに対して仕掛けた、卑怯な試合に嫌味を炸裂する。

激情した相手は緑をつぶすという。
そんな緑は、まったく気にしておらず余裕の笑み。

そこで現れた、ホシシロメンバー。

復帰した春花と、春樹は動揺するも、何故か仲が良く見せてしまっていて。
二人の世界。

二人の世界に入ってしまった双子は、よそに。

ホシシロメンバー3人、トイ★ガンガン3人で11DOGSと戦うことに。



三班に分かれて相手を翻弄する。

緑と松岡。
赤羽と立花。
雪村と藤本。


そんな中、雪村は浮かない。
松岡が、緑と組んだのは未練があるからではないかと考えたからだ。

松岡と緑は幼馴染であり、サバゲーのパートナーであった。
そんな時出会ったのは、雪村で。
雪村は緑が気に食わなかったが、三人でサバゲーをした過去。

突如、緑が松岡と離れてしまい松岡は過去のトラウマから傷ついた。

松岡の母は、片親であった。
夜の商売をしながらつつましい生活をしていたが、それも厳しくなった。
親戚に預けられたが、よそ者扱いであった。
母を待つことを考えることが希望だった。

そんな中、母を街中で見かける。
迎えにきたかと期待した松岡。
彼女には新しい家庭と家族がいた。

松岡を迎えにくる人はいない。

そんな時に出会ったのが緑。
松岡は緑に自分の命を引き渡した。



意味深な二人の関係を心配しているのは雪村。
松岡は緑とサバゲーをしたいのではと考える。

だが、立花は違った。
仮に松岡が緑とサバゲーをしても、自分たちが選ばれるようにがんばろうという。
立花は、この班分けにも松岡の考えがあるという。

個人の技量が、ホシシロには負けている。
そこで相手を一緒に戦い、学べということだと立花は考えた。

ポジティブな立花に、雪村は微笑む。
今は目の前の敵と戦うことが先決だ。










9巻では緑と松岡の、意味深な関係がもっと描かれるそうで。
なぜ松岡が、緑にこだわるのか。
もっとねっとりまったりみられるかと思います。

この作品、精神的なつながりは男性同士がねっとりしてます。
女性は蚊帳の外みたいな。
立花はその中で清涼剤みたいな、彼女が希望をもたらす感じです。

ですが、今回も楽しくみられました。
漫画をみているとアニメの声優さんが思い出されて。
続きもアニメでみたくなります。

DVDも発売したそうですね。

これからももっと楽しくなりそうな、青春×機関銃を応援したいと思います。

ではこの辺で。

また次回。


 

TVアニメ『青春×機関銃』② [DVD]/キングレコード
¥6,264
Amazon.co.jp

 

TVアニメ『青春×機関銃』線画資料集/スクウェア・エニックス
¥1,500
Amazon.co.jp

 

TVアニメ『青春×機関銃』1 [Blu-ray]/キングレコード
¥7,344
Amazon.co.jp

 

 

 

www.rinnrinnkarinn.xyz