凜のヲタク的日常 はてなの章

ゲーム・アニメ・漫画などリアルでは語れない事を発信(BL含&分別)

購入した漫画 最新刊 乙嫁語り 8巻(ネタバレと感想あり)




今回は乙嫁語りの最新作のご紹介。第8巻です。

乙嫁語り 8巻 (ビームコミックス)/KADOKAWA/エンターブレイン
¥670
Amazon.co.jp



先月ドハマりして全巻をそろえました。

そちらの記事はこちらで詳しくあります。

 

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 





最新刊では・・・・

5人目のお嫁さんに焦点があてられます。

まだお嫁さんにはなっていないので、お嫁さん候補でしょうか。

メインヒロインの嫁いでからできた、お友達。

典型的なツンデレ体質で、顔がムッツリ怒ったようにみえる彼女。

お嫁さんの必須のスキルのお裁縫も苦手。

ガサツで、物事をはっきり言ってしまう性格から結婚相手が見つかりません。

本当は不器用なだけで、優しい彼女にやっと出てきた嫁ぎ先候補。

彼女の親は、相手のご機嫌を損ねないよう大慌て。

彼女も最後の希望と、半場諦めながらいい嫁候補であるように努めます。


しかし、実家が不幸なことに燃えてしまい。

彼女の嫁入り道具などがすべてダメになってしまいました。

結婚は延期されます。




ここまでが簡単の彼女のあらすじですが、8巻ではどのようなことになっていきますでしょうか。









あらすじ


冒頭は第4の嫁アニスと姉妹妻のその後。

第二の奥方になった姉妹妻シーリーンとアニス、お金持ちで賢き夫。

その三人の穏やかな日常が描かれる。


次に。

第五の嫁、パリヤ。

メインヒロイン・アミルの友人である彼女の家は、他族の襲撃により家が燃えてしまった。

花嫁になるため、女性は小さいころから大量の布に刺繍をする決まりがある。

それがすべてダメになってしまった。

当然、婚礼は延期になる。

パリヤは婚礼もダメになってしまうのではと恐れる。

パリヤは自分は一生結婚できないんだ!と泣くも、せっかくの猶予期間。

裁縫をみっちり鍛えることになった。

復興する街。

パリヤの婚礼相手・ウマルは、パリヤの勝気なところが気に入っている。

ウマルの母親が病弱だったため、父親も、女性は多少勝気で元気な方がよいと思ってパリヤを選んだ。

何か手助けできないかと、ウマルは字を書けて経理ができるので、街の復興を手伝いすることになる。

パリヤは、布が完成するのに3~4年かかると彼に言う。

なるべく早くそろえたいと伝える。

ウマルはパリヤの勝気なところを何度も見かけるが、特に何も言わない。

パリヤの両親は散々今まで縁談が断られたため、パリヤに大人しくするよういう。

パリヤもおしとやかで、理想の女性になるため努力しようとする。

まずはアミルをまねするが、うまくはいかない。

そこで街で一番の人気者、カモーラを観察することに。

そのうちカモーラもパリヤの熱心な動きに気が付き、友情が芽生えることになる。

アミルがパリヤに友達になったらどうかと提案し、カモーラとパリヤは友人になった。




感想


パリヤさんは結構前の巻から出ていますね。

最初はなかなか結婚できない子という立ち位置ですが、相手も見つかり。

ようやく出番が回ってきました。

しかしなかなか婚礼までたどり着きませんね。

パリヤさんは本当に不器用なので、彼女のよさを理解できないと確かに断られてしまうかも。

身の丈にあった結婚、これが乙嫁語りではいい意味で描かれている気がします。

親がほぼ結婚を決めているのですが、子どももそれが普通だと思っているので。

文化も違うことを理解すると、確かに不思議なことはないのかもしれません。

久しぶりに何度も読み返し、最初の巻からまた読み直しているお気に入りの漫画です。

次巻も購入は決定。

楽しみです。


ではまた次回。


 

www.rinnrinnkarinn.xyz