凜のヲタク的日常 はてなの章

ゲーム・アニメ・漫画などリアルでは語れない事を発信(BL含&分別)

定期購入 BL漫画 純情ロマンチカ20巻 宇佐見父現る!文化祭での衝撃

 


定期購入 BL漫画 純情ロマンチカ20巻購入しました!

 


今回は大人気、純情ロマンチカの20巻のご紹介です。


純情ロマンチカ (20) (あすかコミックスCL-DX)/KADOKAWA/角川書店
¥648
Amazon.co.jp



前の巻のご紹介記事は以下から。

 

rinnrinnkarinn.hatenablog.com



19巻までの内容を簡単にいうと、大学生の男子×小説家の少しダメな大人の恋愛でしょうか。

前回の記事であらすじをまとめたので、引用いたしましょう。

 

純情ロマンチカとは?今までのあらすじ



あらすじ

超有名小説家(BLも書く)の宇佐見秋彦と恋愛中の大学生、高橋美咲。

(宇佐見氏は高橋の兄と同級生で、兄を好きだった。
主人公・美咲は成績が悪く勉強をみてもらうことに。
兄は宇佐見の気持ちを気が付くことはなく、結婚を嬉しそうに報告する。
宇佐見の気持ちをしった高橋は兄に激怒するも、優しい宇佐見に惹かれる自分がいるのに気が付く。
大学に無事受かり、新婚の家庭を邪魔しない&学校から近いという理由で宇佐見と同居することに。
宇佐見はまっすぐで素直な高橋に、依存にも近いほどの気持ちをもつ。
家庭の味でご飯を作り、しっかりした家事をする高橋。
胃袋も生活も面倒をみてくれる高橋に、べったりな宇佐見氏。
そんな二人が巻き起こすストーリー。
現在高橋は出版会社に内定をもらうことに。アルバイト先でのゴタゴタが発生中。)


ここまでが今までのおおよその内容です。

19巻の紹介記事にはもうすこし内容をまとめてあります。

 

帯にも新情報がある!チェックしてみた





恒例のコミック帯をみてみましょう。

好き、大好き、愛してる。

もう、それだけじゃたりないんだ――――――。


4カップリングのストーリーを描いた「純情ミックス」&書き下ろしの漫画も収録。


 

20巻の内容は?あらすじをご紹介(ネタバレを含むので注意!)



前回、ウサギさんと伊集院先生の静かなバトルに決着がついたようで・・・
今回は、美咲の文化祭。
運動部に巻き込まれて焼きそばをつくる事になる。

しかし、そこにはウサギパパが出現。
ウサギパパは焼きそばをすべて買い取り、美咲を拉致まがいのランチに誘う。
そこでウサギさんとの関係をどうするつもりなのか聞かれる。

しかし、美咲はウサギさんが好きだと自覚している。暗に脅すようなウサギパパに屈しない。
ウサギさんとの関係を認めてくれるには何をしたらいいか直球で尋ねる美咲。
面食らったパパであったが、それは君が考えるべきだという。

美咲は思う。
パーフェクトにみえる、瑞樹でさえ薫子に振られ、それでもあきらめないという。
自分もウサギさんをあきらめたくない。

一方、ウサギさんは不安に駆られる。
美咲がすべて自分で物事をこなそうとするからである。
そしていつもウサギさんには、美咲が離れていくのではないかという不安が胸にある。
もし仮に就職して自立してしまうと、美咲が離れるのかもしれない・・・そう心配なウサギさん。

文化祭も二日目。
ウサギさんが現れ、すべて焼きそばを買いこんでしまうのであった。

その後・・・・

卒業旅行が楽しみが美咲のある日。
アルバイト先で社長の井坂さんに、ウサギさんのことを聞かれる。
先日ウサギパパが来たことを話し、自分で働き経済的にも自立し、一人で住み、兄にもウサギさんにも迷惑をかけないようにするという美咲。

乱入していきたウサギさん。

なんでその苦労を自分と共有してくれないのか!!と怒るウサギさん。
ウサギさんのために早く立派な大人になりたい美咲。
それはわかっていても、離れて行かれるのではないかと不安に苛まれるウサギさん。

二人の心は一緒の方向を向いていても、なかなかしっくりこない様子。

その後、他カップルのラブラブな短編が入ります。

是非お手をとってみてみてください。



感想





ウサギさんの不安・・・・それがここ何作か続いていますね。
まるでウサギさん、親離れできない子のような、子離れできない親のような・・・・

美咲に依存しているのが分かります。

ウサギさんの生い立ちが、人間関係にあまり恵まれていなかったからでしょうか。
ウサギさんの性格からすると、内弁慶すぎるので、美咲は自分のすべてを見せられる存在なのでしょう。
いいとことも悪いところも、すべて見せられる。恋人として信頼しているのはもちろんですが、家族に近い感じなのでしょうね。

20巻でもほぼ話が進んでいないので、まだまだ続くと思われます。

次巻も買う予定です。


では今回はこの辺で。

また次回。

純情ロマンチカの続きの記事はこちらもどうぞ!



 

 

 

rinnrinnkarinn.hatenablog.com

rinnrinnkarinn.hatenablog.com

rinnrinnkarinn.hatenablog.com

 

 

 

世界観が重なる!?中村先生の世界一初恋の記事もどうぞ!

 

 

 

rinnrinnkarinn.hatenablog.com

rinnrinnkarinn.hatenablog.com

rinnrinnkarinn.hatenablog.com

rinnrinnkarinn.hatenablog.com

 

 

 

 

その他BL漫画などはこちらにまとめてあります。

 

 

 

rinnrinnkarinn.hatenablog.com