凜のヲタク的日常 はてなの章

ゲーム・アニメ・漫画などリアルでは語れない事を発信(BL含&分別)

定期購入 BL漫画 世界一初恋 12巻 当て馬の清宮くんの存在が光る!

 

世界一初恋 12巻のご紹介記事です。

ざっくりした紹介ですが、ネタバレを多少含みます。

5分くらいで読めます。

 

世界一初恋 12巻が発売しました!


待ってました!新刊の発売です。

中村春菊先生の世界一初恋、純情ロマンチカ。

ともに大人気の作品です。

 

前回の11巻の記事はこちらから

rinnrinnkarinn.hatenablog.com

 

続きの13巻、14巻の記事はこちらから

 

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

 

 

 

 
待ちに待った発売の世界一初恋12巻のご紹介にうつりたいと思います。

 

 


中村先生は精力的に作品を出されているので、気が付けばもう発売なのかなと驚きます。
しかし記事を見直してみたら、結構前だと気が付きました。
純情ロマンチカ世界一初恋を同時並行に出されいますし、最近はアニメ化もされたりとなかなか多忙だと思いますが、ファンとしては嬉しいです。

 

 

同時発売の小説も注目!世界一初恋の世界は広い


実は世界一初恋はノベライズで、何冊か刊行されるようですね。

 

○「世界一初恋 ~羽鳥芳雪の場合~」1~2巻

○「世界一初恋 ~吉野千秋の場合~」全2巻

○「世界一初恋 ~横澤隆史の場合~」1~3巻

 

小説 藤崎 都 先生だそうです。

 

 

世界一初恋12巻と同時発売、世界一初恋~羽鳥芳雪の場合~2巻も注目!

 

 

 

 世界一初恋とは?あらすじをチェック!

 

簡単なあらすじをバックナンバーから抜粋いたします。
 

作品のあらすじ

小野寺律は転職した。
前の職場では、有名作家の編集をするなど輝かしい経歴。
しかし親の七光りだと思われたくなく、新たな職場を選んだ。

そこで配属されたのは、なんと少女漫画!
自分には畑違いだと、初めての仕事に困惑。

さらにはそこの有名編集者は、鬼のように厳しい。

その編集者は27歳にも関わらず、編集長でイケメン。
月刊エメラルドを一年で売り上げを盛り返した敏腕編集長。

その高野に、鍛えられる。
ただ厳しいだけの人かと思ったが尊敬できる人物だと知る。

しかしそれだけではなかった。

高野は過去出会っていた人だった。

自分が高校生のころ、好きだった人。初めての恋人だった。
お互いの趣味である大好きな読書の会話も大好きだった。

ただそれ以上に別れの記憶がつらく、海外に行ってしまったのだ。

高野は小野寺がかつての恋人だと知る。
鬼のような上司が、ふと甘くなる表情。

高野は小野寺を探していた。

恋人がいきなり姿を消して、混乱したという。
小野寺は高野との記憶の違いに戸惑う。

自分は手ひどい裏切りを受けたのだ!!!そう思っていた。

それは二人が高校生の頃。
小野寺は高野と一緒の時間を過ごしていた。

好きで好きで仕方なく、ある時問いかけた。
「自分を好きか」

そんな高野は笑った。

小野寺はショックを受けた。
自分は騙されていたのだと。
嘲笑ったんだと。

それは小野寺の誤解だった。

高野は両親が仲が悪く、常に周囲がつまらなかった高校生。
ただ心許せて、楽しい時間は小野寺といる時だけだった。

もう、二人は付き合っていてこれからもずっと一緒にいる。
それはもう高野にとっては当たり前だった。

だから今さら何故そんなことを聞く?
そんな笑いだった。

小野寺は耐え切れなく、そして高野に笑みの理由を問いかける勇気もなかった。
逃げてしまった。

そして高野は、小野寺は留学。そして許嫁がいることを知ってしまう。

そこで二人は別れてしまった。

小野寺はもう過去のことだと高野に言う。
しかしすべては誤解だとしった高野の猛アタックが始まった。

そして決まった新居。
隣に住んでいたのは高野。

家では隣同士、仕事では上司と部下。
それを利用して高野は小野寺に接近する。

時には厳しく、時には甘い。

高野の大人としての包容力、経験。仕事をする姿勢。
すべてが尊敬できる。

小野寺は少女漫画編集として、高野のラブアタックに押されつつ。
仕事を頑張るのだった。

 

 

 

 



11巻では、社長賞をとって社員旅行のエメラルド編集部。

小野寺と高野は、離れている間の寂しさを思い出し、互いを思う時間を確認しました。

 

 

12巻のあらすじ(ネタバレを含みます)

 

 
 
小野寺の最近の悩み。
上司であり、自分にラブアタックをやめない高野。
そのほかにもいくつか悩みはある。
 
高野に執着する灰谷からの誘いのメール。
 
高野にこれ以上嫉妬されるのも大変なので、断る口実を考える小野寺。
 
社員旅行後、エメラルド編集部は休み明けで仕事に忙殺されていた。
そのなか、小野寺はかつての同級生と再会する。
 
相手の名前は、清宮尚。
彼は小野寺が失恋後、留学した先で出会った友人だ。
失恋したときの小野寺は、心を閉ざし、清宮の力もあって立ち直ることができた。
 
清宮は小野寺が失恋した相手が、現・上司でありお隣さんであることを知ってしまう。
 
現在、清宮は写真家であり、丸川出版で本を出すことになっている。
その縁で自宅に遊びにきたが、高野と鉢合わせしてしまったのである。
友人として、小野寺を振り回す高野に苦言を呈す清宮。
 
高野は、高野と別れたあと小野寺の過ごしてきた時間を知っている清宮に嫉妬するのだった。
 
そして高野の嫉妬は続く。
 
うっかり高野と、小野寺、そして高野との因縁の相手・灰谷と出会ってしまう。
そして小野寺は灰谷に告白されるが、小野寺は高野が好きなのでは?と問いかける。
 
灰谷はあっさり肯定する。自分の好きな高野は、ふさわしい相手がいるべきだという思い込みがある。だから自分が認めた相手ではないと、傍にいるのは許さないというゆがんだ心を持っていた。
 
しかし高野は拒否する。
灰谷の仕事の姿勢は尊敬するが、仕事のやり方、作品の傾向。ともに自分とは相容れないという高野の考え方があり、だから仕事も辞めたと言う。灰谷のことは嫌いだと。
 
高野は灰谷の好意は気がついていたが、色々面倒なので黙っていたらしい。
 
小野寺は漫画を作っていく上で、当て馬としての恋愛を考えていた。
灰谷、そして元・婚約者杏と出会い、恋愛について考えた。
片思いだろうが、両思いだろうが。恋は恋。
では自分と高野の関係は、どうなのだろうか?
 
小野寺が恋に落ちるまであと53日。
 
 
 
 
ここまでが本編。
 
ほかに編集者と書店員の恋が同時掲載。
編集者・雪名の兄登場!!
 
 

感想

 
今回は、当て馬の存在がクローズアップされていました。
小野寺くんは高野に片思いされてる立場。
ですので、小野寺くんが当て馬の恋愛について分析する巻ですので、ちょっと好き嫌いが分かれそうなイメージを今回もちました。
小野寺くんは御曹司だし、イケメン上司に好かれ、好きな仕事もできている。
それでも自分へのコンプレックスが強く、高野さんを拒絶しています。
自分が恵まれた存在であることを自覚していません。
そんな中、自分の気持ちに素直になれない少し傲慢な子どもっぽい印象を持つ人はもつかも。
ですが、BL漫画の少女漫画に近いのが中村先生の持ち味。
未熟な小野寺くんが、これからどんな男性に変化していくのでしょうか。
小野寺くんもきっとかっこいい男性になるはず!仕事と恋をがんばる男性陣をこれからも応援していきたいです。
 
 
ではまた次回に。
 

世界一初恋の記事はこちらもどうぞ

 

 

 

rinnrinnkarinn.hatenablog.com

rinnrinnkarinn.hatenablog.com

 


純情ロマンチカの記事もあります!

 

 

 

rinnrinnkarinn.hatenablog.com

rinnrinnkarinn.hatenablog.com

rinnrinnkarinn.hatenablog.com

rinnrinnkarinn.hatenablog.com

rinnrinnkarinn.hatenablog.com

 


 

 そのほか今まで読んだBL記事はこちらから

 

 

rinnrinnkarinn.hatenablog.com