凜のヲタク的日常 はてなの章

ゲーム・アニメ・漫画などリアルでは語れない事を発信(BL含&分別)

ネット小説を投稿するときに気をつける3つのこと

 

ブログを書いたのは、今から4年前。

人の目を意識して、文章を書きたいと思ったことが始まりです。

そこで、地道に記事を書いてきて慣れてきました。

 

次に小説を書いたり、ネットで文章を請け負う仕事をしたいなと思っていろいろはじめました。

文章を作るのが面白いから、というのが一番の理由です。

 

今回は、

ネット小説に投稿するときに気をつけたいこと

を書いていきたいと思います。

 

 

ネット小説を気軽に投稿できるサイトが多くなっています。

いろいろ傾向も違い、ターゲットユーザーも違うのでどこに投稿するのか。

それは、自分が使いやすいなというところが一番だと思います。

 

わたしもいくつかネット小説を読むサイトを巡っていた時期がありました。

昔はBL小説を巡回していたので、投稿サイトというものがなかった時代によく見ていました。

 

ユーザーとしては長い年数を過ごしていますが、投稿し始めてまだ一年半くらいです。

初めて真面目に小説を書きました。

長編を書いたこともなかったので、最初は手探り。

このブログとは切り離しているので、小説はここでは公開はしません。

 

ですが、いろいろ考えてみたことをまとめたいと思います。

 

 

 

f:id:rinnrinnkarinn:20181230024240j:plain

小説を書こう

 

 

 

 

1.まずは書いてみる

 

ネット投稿して、1話をあげたけれど全然PVが伸びない!

これは当たり前なことです。特に最初は全然PVは伸びません。

 

ですが最初はファンもいないのですから、当たり前。

1日一人見てくれたらいいときもあります。

ですが、書いてみないことには始まりません。

 

個人的には、書き始めたら最後まで書いてみようというのが気持ちです。

全然のびない作品でも、もしかしたら一人でも読者様がいる可能性がいます。

 

それに一番作品のことを好きなのは、まぎれもなく自分。

そんな愛がこもる作品を完結させることができるのも、自分です。

 

だからPVが伸びない、読者がいない。ポイントが入らない。

そんなのは最初は考えず、とりあえす書いて書いて、完結させる!

これが大切なことかなと思っています。

わたしも過去作品ではランキングに入ったりしましたが、

人気のない作品はまるで人が来ません。

 

 

 

 

2.形式に慣れる

 

小説の書き方というものがあります。

例えば、「」の最後に「。」があった場合。

 

「おはよう。」

ではなく

「おはよう」

 

が正しい。

などなど小説にはルールがあります。

 

ネット小説に投稿していると、書き方を指摘されることが多く、

感想は絶対誤字脱字のほかに

ルールを守ってというのはよく書かれます。

あとは、公募する場合はこういうルールを守ってないと

最初の時点で落とされることもあるらしいとか。

 

まずは、形式は大切

公募の場合は、データで出すようですが、文字数、行などの形式。

これをすべて守っていて、ある程度の作品なら次の段階へいけるということを聞きます。

わたしもまだまだ練習中です。

図書館などで小説の書き方などある本があります。

それで勉強を継続しています。

 

初歩の初歩が大切。

お作法を学ぶ上で、気をつけたい点です。

 

 

 

3.投稿先には傾向がある

 

アルファポリス、カクヨム、小説家になろう

これらが主に有名どころかなと思っています。

他にも使いやすいサイトもあります

 

SFファンタジーに特化したところ。

純文学に強いところ。

コアな場所にありますので、ぜひ調べてみてください。

 

上記であげた3つは、初心者からもはじめやすいサイトだと思っています。

 

アルファポリスはラインキングである程度ポイントを稼げれば、

書籍化が約束されています。書籍化をしたいなら、ここがいいかも。

 

女性向け小説も多く、書籍化されたケースも多いです。

人も多くにぎわっているので、ランキング作品をみて、

合いそうだとおもったら投稿するのもありだと思います。

 

 

カクヨムは、KADOKAWAが運営しているサイトです。

個人的には投稿するのが楽。読みやすいサイトです。

ただ人が少ないのはよく聞く話。人が少ないので、昔から書いている人が有利。

またある程度読者に受けるものを書かないとPVは稼げないです。

 

小説家になろうは、この中でも大きなサイトでしょう。

1日の来場数もとても多いです。

ですが、それだけ競合も激しいです。

作品が埋もれる可能性も高く、ある程度狙って書かないと上位には食い込めません。

 

テンプレ作品と言われるもの、流行にのるもの。

異世界ファンタジー、異世界転生、悪徳令嬢、婚約破棄、俺TUEEEEなど

なろうといえばというジャンルが出ているくらい、好まれる傾向に偏りがあります。

 

ただある程度、テンプレになれれば、数打てば当たるの原理もあるようです。

火がついたら、いっきにランクインします。

 

ですので、傾向と対策が必要なのが小説家になろう。でしょう。

 

題名、あらすじ、1話目は超重要!

これで6割はきまったといっていいです。

あとは人気のジャンル、投稿時間など、いろいろランクインされている小説を観察しましょう。

内容のよさというよりは、読みやすいかが重要

読者をいかにストレスなく、読ませるか。

ですから、難しい文字だったり、小難しい表現はいりません。

 

あとは文字数、長ければ長いほど読者がつきます。

最低10万文字は目指しましょう。

 

また段落や改行は、小説形式を崩した方がよさそうです。

PCならまだしも、アクセスはスマホからの人が多いです。

 

ですから、表示されたとき、ブログの文章みたく読みやすいか。

これも大切です。

改行はある程度する、一文は短くする。

とにかく読みやすさを心がけるのが大切なようです。

 

 

まとめ

 

いいものを書けば、読まれるということはほぼほぼないです。

 

自分の作品をどうすれば、手に取ってもらえるか。

そういうのも込みで、作品をつくることが求められている気がします。

 

レビューを書いて、相互に点数をつけること。

あとはツイッターでフォロワーをたくさんつくって、小説を読んでもらう方法。

いろいろなアプローチが考えられるので、ただ小説を書くだけというのは、

競合が多すぎて、そのなかで頭一つ抜き出るのは難しいのだなと思います。

(相互ポイントなどは規制されていたり、好まれない傾向のサイトもあります)

 

 

またアルファポリスが書籍化したら、作品をダイジェストにまとめなければならなかったりと。

制約もサイトによって違います。

そのあたりの細かい規定も、気をつけましょう。

小説家になろうと、カクヨムは並行連載している人は多いです。

ただアルファポリスと小説家になろうの並行連載はいろいろめんどうそうです。

 

とりあえず、思い立ったら書いてみる!

それから自分の書きたい方向を決める!

それから目標を決める!

目的に応じた投稿の方法があります。

 

書籍化したい!プロになりたい!

いや、ただ趣味で書きたい!

人それぞれ目的が違います。

ぜひ書くことは楽しいので、チャレンジしてみてください。