凜のヲタク的日常 はてなの章

ゲーム・アニメ・漫画などリアルでは語れない事を発信(BL含&分別)

遙かなる時空の中で6 プレイ感想 (全ルートクリア)

 

やるやるといっていて、全然すすめていないゲーム。

わたしこのままクリアしないかもしれないとさえ思いました。

 

でも、いいゲームだと聞いていて絶対クリアしたい!

最初のセーブから数年、やっと全ルートクリアしました!

 

 

一人目がかなり大変でしたが、一人クリアすればあとはスキップ機能で楽ですね。

攻略は8人、他ノーマルルートと大団円ルート。

全部で10ルートあります。

ゲームのシステムがわかるので、一人クリアすればコツもつかめてきます。

 

今回クリアしているのは、遙かなる時空の中で6。

大正時代がモチーフの異世界転移のゲームです。

 

昔、3はどっぷりはまりました。

そのときは源平合戦がメイン。

 

今回は、軍が埠頭した時代。

遙かシリーズは、基本的に白い龍と黒い龍の二人巫女がいます。

今までは白龍の巫女だったようです。

今回は破壊の龍の黒龍の巫女が主人公!

 

 

可愛い女子高生、高塚梓ちゃん

 

 

かっこよくて、いい子なので、物語にのめりこめます。

評判どおり、いい作品だなと思いました!

 

 

ドキドキの甘い言葉もききごたえあり!

キャラの作り込みもしっかりしています。

遙かシリーズってこんなのだったと久々に楽しめています。

 

 

 

続編もあり、購入を正直迷うくらいいいですね。

 

 

 

 

忘れないうちに、ネタバレをあまりしない程度に感想を。

〈画像は公式HPよりツイッター用配布素材〉

 

 

〈攻略方法〉

 

はじめに→共通ルートでの攻略データを作りました。

 

最初の攻略データによると、4人このデータでクリアできるそうです。

有馬一、ダリウス、コハク、片桐秋兵の4人用データです。

 

 

・コハク

 
 
 
記憶喪失の少年。
憑闇という呪いをかけられている。
コマ回しが得意。
 
鬼側に居候として転がり込む展開。
天真爛漫で、優しく、年下気質。
主人公が軍側に行っても優しくしてくれる。
 
記憶を取り戻し、自分の生まれを知る。
そして呪いは何故うけたのか?
コハクが良い子なので、心痛むこともなく
最初はコハクでよかったと思いました。
 

 

 

・有馬一

 

 

 
 
軍の精鋭部隊のエリート。
田舎出身で平民。
成り上がりだが、真面目で堅物。
真面目ゆえに、組織に疑問をもち。
さらには真面目ゆえに闇にのみこまれたり。
王道のパターンなので、最初の方で攻略がいいかも。
 
 
 
 
・片桐秋兵
 
 
軍の精鋭部隊のエリート。
親が軍のトップ。
この時代にしては、エレガント&スマート。
王子の典型だが、ロマンチスト。
家族思いなので、父との葛藤がメインのルート。
甘い展開なので、後半クリアがいいかもしれません。
 
 
・ダリウス
 
 
 
鬼のトップ。
軍と敵対関係にあるので、後半は冷たくされます。
ただ、敵なのに気になる主人公にほだされるのも可愛い。
紳士でお嬢様気分にさせてくれるルートが前半。
後半は鬼のトップゆえに、苦悩と葛藤があり。
でも見応えのある展開なので後半クリアがおすすめ。
 
 
 
 

 

 

次にデータをアップグレードした状態で、2つめの攻略データを作りました。

ルードハーネ、本条政虎、萩尾九段、里谷村雨用攻略用データ。

後半組の攻略開始!

 

 

・ルードハーネ

 

 

 

将来有望イケメン!

堅物なのに、優しくて頑張り屋!

ダリウスの片腕。家事が得意。

鬼のトップとして育てられたのだが、

ダリウスにその力を圧倒され

付き従う鬼。

このルートは甘かったです。

ルードハーネが人間に心許していき

成長していく姿もよかったです。

初々しいカップルですし、甘い展開なので中盤くらいに攻略がおすすめ。

 

 

 

 

・本条政虎

 

 

鬼と人間のハーフ。

父が亡くなった理由を探している。

お金で動く人。お金にうるさい人。

このルートは野性味あふれる虎に

食われそうだったりするのに、

突撃する主人こうの勇敢さにあっぱれ!

全体的に接触が多いので、大人のルート。

強引にされたい人ははまると思います。

中盤から後半に攻略おすすめルート。

 

 

 

 

・里谷村雨

 

 

 

作家兼情報屋。

実は主人公と思わぬ共通点が!

ルートに入ってびっくりしました。

少しだめな大人の村雨と、

大人の恋を楽しめるルート。

後半に攻略おすすめです。

 

 

 

 

・萩尾九段

 

 

巫女たちに使役する、星の一族。

巫女のための生きている人。

基本的にどんなポジションにいても、優しい人。

盲目的に巫女が好きなので、他のことはぬけているかわいい人。

これは最後にプレイしてほしいルートです。

盛大なネタバレがあるルートです。

 

 

 

・ノーマルルート&大団円ルート

 

 

白龍の巫女、千代との友情エンド。

この物語の隠しエピソードがあり、ある意味すべてのフラグ回収をしています。

ノーマルルート回収後、8人クリアした状態で、最終日に行くと大団円ルート発生。

あくまでおまけ的なルートです。

ですが、やはり見ていて損はないでしょう。

 

 

 

 

全員攻略して・・・・・・

 

 

8人が攻略対象ですので、ボリュームがありますね。

それぞれ個性的でありながら、しっかり遙かシリーズを踏襲した作りです。

3にドはまりして、期待通り5も楽しかったです!

クリアは簡単と言われていますが、作り込まれていてわたしは大変だったと思います。

アプリで乙女ゲーム慣れている人は、コンシューマーゲームの深さを堪能してもらいたいです。

途中でめんどうになりトロフィーは回収諦めましたが、すべてあつめるにはさらに時間がかかります。

 

 

久々のやりごたえのあるゲームです。

ただ遙かシリーズでは、6攻略は比較的簡単だと言われています。

でも、ゲームがそこまで熱くやりこめなくなっているので、これで十分でした!

ゲームをやったぞ!という達成感があります。

 

今はやり終えた達成感を味わっていて、感想が浮かびません。

続編は中身をみて、買わないことにしました。

ほかの積みゲーを先にクリアしたいです。

 

 

次はやりかけのストームラバー2をクリアしたいです。

ではまた次回に。

 

 乙女ゲームでクリアしたメモは下から!

まだまだ積みゲーが多いです。

 


www.rinnrinnkarinn.xyz