凜のヲタク的日常 はてなの章

ゲーム・アニメ・漫画などリアルでは語れない事を発信(BL含&分別)

乙女ゲーム攻略後感想 忍び、恋うつつ


攻略後すっかり記事にするが遅くなっていました。
忍び、恋うつつという乙女ゲームを無事クリアしました。
私はPSP版を発売日まもなく購入し、ずっと放置していました。

しかし少しずつクリアして。
一年半くらいかけて全員を攻略しました。

 

忍び、恋うつつ -雪月花恋絵巻- - PS Vita

忍び、恋うつつ -雪月花恋絵巻- - PS Vita

 

 

 

Amazonより

【忍者学園恋物語、見参!!】

幼いころに両親を亡くし、
自分を育ててくれた祖母も亡くした16歳の主人公。
彼女は、生活費と学費のための奉公に明け暮れながら
憧れの"忍者"になるために町の忍術道場に通っていました。

ある日、彼女はひょんなことから奉公先で
"真田高等修練院"の副理事長と出会い、
特待生認定試験 を受けてみないかと誘われます。

特待生になるための試験を突破するには、
修練院に"編入"して
中間試験で一定以上の成績をおさめなくてはならず……。

"忍者"になるという夢のために
その誘いを受けることを決意した主人公。

彼女はついに迎えた仮入学の初日に、
なぜか男性たちをメロメロにする不思議な術を
発動してしまい――!?




メロメロになってしまう術を出してしまう主人公。
つまりこの作品は、メロメロになった男子のギャップをみながら、ニヤニヤする乙女ゲームと勝手に認識しました。

まずは攻略した順番から、各個人の感想など。





猿飛 咲助


ボンボンキャラ。
忍者なのに歌舞伎も出来てしまう、素敵男子。
親との確執があったけれど、仲直りして忍びも歌舞伎もがんばる!!!
的なお話でした。
色々突っ込みどころはありますが、これはノリを楽しむゲーム!

個人的に思ったより萌えたキャラクターでした。
全然期待していなかったのですが、男気もあるし。
背は小さいキャラですが、一番男性に好かれそうな男っぽさがあるかも。
好印象キャラでした。






霧隠 蔵人

貧乏キャラで、天才キャラ。
無口なんですが、弟に優しい。
このルートは弟が出てきて、二倍美味しいルートです。
声優さんもかっこいいですし。
両手に花を楽しめます。
正当派の美形といった印象です。







由利鎌清


優等生キャラでありながらムッツリ素質。
まじめすぎるので不器用ですね。
天才な兄弟をもつので、コンプレックスなお話も出てきます。
個人的にもっとムッツリ要素を前面にだしても、面白かったかも。






我来也

最も愛したいキャラ。
友達もいなく、いつも一人きり。
友達ができても、素直になれなく可愛くない事をいいますが・・・
顔は満面の笑み。
このルートをプレイしているときは、本当に癒されました。
個人的に一番好きなキャラクターです。
可愛い!!!







穴山大介


見た目通りの、遊び人設定。
個人的に一番苦手なキャラですが、声優さんがかっこよいので頑張れたルート。
典型的に遊び人だけれど、トラウマがあり女性が苦手→主人公だけが違う→ハッピーエンドという流れ。








真田幸影

隠しルートですが、これを見る為全員攻略をがんばれます。
生粋の変態だと思うキャラ。
変態の片りんはどのルートでも出てきますが、本ルートも変態でした。
一番やっかいなキャラクターだと思います。



忍び、恋うつつ公式サイト 画像はオトメイト様に帰属しています。


以上で簡単な各キャラの感想です。
総括して・・・・


最初からストーリー重視ではなく、萌えゲームと知っていたので。
面白かったです。
ストーリーは確かになかったかもしれませんが、それなりに個性はありました。
良作と言われていますが、私も良作だと思いました。
絵が苦手でなければ、是非手に取ってほしいですね。

また購入するなら、PSvitaの方がよさそうです。


忍び、恋うつつ -雪月花恋絵巻-/アイディアファクトリー
¥6,264
Amazon.co.jp

こちらには追加要素があるので。
追加キャラクターも魅力的らしいので、おすすめですね。


さて乙女ゲームをクリア頑張りたいのが6月。
8月には気になるゲームが二つ。
これも公式サイトをチェックしています。
今のところ楽しそうですね。


ではまた次回。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村








〇期待の乙女ゲーム

猛獣たちとお姫様

※「猛獣たちとお姫様」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社およびデザインファクトリー株式会社に帰属します。

薔薇に隠されしヴェリテ

バナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社およびデザインファクトリー株式会社に帰属します。