凜のヲタク的日常 はてなの章

ゲーム・アニメ・漫画などリアルでは語れない事を発信(BL含&分別)

レビューに惹かれて もんでんあきこ先生 エロスの種子

 

 

Amazonでレビューをみて購入!エロスの種子

 

最近、アマゾンでレビューをあさってます。

BLを読んでいるので、セクシーな表現はなれているのですが

今回の作品はかおりたつエロス。

 

それを描いている漫画が最近増えてきていると思います。

今回はBLではなく男女です。

 

 

もんでんあきこ先生の作品の紹介です。

 

実は何作かこの先生の作品は読んだことがあります。

テーマは、エロスな部分が多いのですが、話しが綺麗だなと思います。

心情もとても繊細にかかれ、物語としても綺麗にまとまっている実力のある方です。

 

 

今作は、女性になっていく女というものを描かれた4作の短編。

読んでいて、昔の耽美小説というのでしょうか。退廃的な印象の作品が多いです。

時代も、大正、昭和など時代に沿ったエロスを描かれています。

 

前におすすめされた読んだ作品にちょっと似ている気がします。

 

 

エロスの種子を読んでの感想は?

 

雰囲気のエロスの作品。

現在、漫画ではきわどい作品が多いです。

でもあからさまな表現って意外とグロテスク。

でも雰囲気としてのエロスっていうのは、表現がなくてはあらわせないと思うのです。

 

昔よんだ、谷崎潤一郎の小説は全部がエロスを感じます。

耽美小説といえば、谷崎先生でしょうね。

 

 

 

 

 

 

小説をかくとき、やはりあからさまなものではなく、なんだか色気があるなという表現をかいてみたい。

そういう野望もあるので、こういった作品から学びたいと思います。

 

 

 

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

 3巻のお話はこちらから

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

 

ではまた次回に。

 

 

www.rinnrinnkarinn.xyz