凜のヲタク的日常 はてなの章

ゲーム・アニメ・漫画などリアルでは語れない事を発信(BL含&分別)

定期購入 エロスの種子 6巻 バブルダンサーが踊る理由とは?転身する人生が見事 もんでんあきこ先生 感想とあらすじ

 

 

もんでんあきこ先生のエロスの種子6巻の紹介記事です。

 

エロスの種子 6巻が発売しました!

 


エロスの種子 6 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

表紙がまたいいですよね!5巻も素敵な女性でしたが、6巻も振り向き美人でいいなと思います。女性が凜として美しいのですよね。

 

1巻を気まぐれに購入して、その漫画の完成度に驚いてしまったことを強く思い出す漫画です。気がつけば、6巻。まるで文学の世界にいるようなエロスを感じながらも、どこか品のある世界観。

 

もんでんあきこ先生による、人間の三大欲求のひとつを官能的に描く漫画です。

 

もんでん先生の描く主人公たちは、男性も女性も色気があります。

少女から大人の女性へ、そして中年になる女性も素敵。

それは男性に関してもそうです。どんな男性もすごくセクシー。登場人物のかき分けもしっかりしていて、人間の美しさを感じられます。

今回は、世相を反映しているような、寂しい女性たちのお話が描かれています。

 

女性の美しさはあるのですが、誰もが不幸。なぜ?と思わずにいられませんでした。

ではエロスの種子6巻のあらすじをみていきましょう。

 

エロスの種子とは?

 

1巻の紹介は過去の記事へ

 

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

www.rinnrinnkarinn.xyz

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

 

エロス【(ギリシャ)Erōs】

1 特定の人に対する、性愛としての愛。愛欲。
2 プラトン哲学で、真善美へのあこがれという純化された衝動。

  出典:デジタル大辞泉(小学館)

 

 

女性の中には、エロスの種がうずまってる……

そのエロスに惑わされ、人生を踏み外していく人間も多くいる。

女も男もエロスの前では、決して冷静になれない。

人間の醜さと、弱さと、美しさをまざまざと見せつけられるエピソードが連なっています。

 

1巻では、エロスの種子の根幹部分を感じられる一冊

2巻では、1巻の雰囲気を受継ぎならが時間の流れと変わらぬエロスを感じます。

3巻では、2巻で登場した人物たちのその後の未来が描かれました。

4巻では、性の多様性も含めたモダンとレトロが交差する一冊

5巻では、時流にのったエピソードと親子の因縁が描かれました。

 

 

では5巻ではどんなお話が展開されるでしょうか。

 

エロスの種子 6巻のあらすじ(ネタバレを一部含むので注意)

 

 

濡れ手に泡のがいるなら

泡にまみれたもよかろう

浮世をわすれてりませんか

華麗なステップダンサー

        エロスの種子 6巻冒頭の一節

 

バブルダンサー マキ

マキはソープランドで働くナンバーワンです。

「男がみんな裸になるところ」と仕事の好きな理由を語ります。どんな人であれ、裸になれば一緒。男ってバカで、バカだから可愛いと笑います。しかしそんなことは言えないので、記者には気持ちいいことが好きだからと演技をします。

 

記者である菅田は、マキが気になり客として店に訪れます。マキにコンプレックスを告げた姿は、マキに心を許していくのです。

 

マキの過去

マキは夢でペットボトルで打ち上げるロケットをみます。小さいころの記憶です。それを働くBARで、マキを風俗にスカウトする男・檜山に話します。彼はヤクザです。

マキはBARでのホステスをやめ風俗に転身することをママに相談します。マキには大切な人がいました。それは亡くなった恋人の母、認知症で医療費がかかるのです、

 

マキが性に目覚めたのは、恋人であった遠野淳。幼なじみで、まっすぐで優しく、自衛隊で海外派遣され殉職しました。幼いころ、親からの虐待をうけていたマキをすくってくれたのが遠野親子だったのです。

 

檜山に店にでるための品定めとしてベッドをともにして、マキはソープランド「バブルダンサー」で働きはじめました。

 

檜山には、「どんなときでも助けにきてほしい」と約束を請います。檜山は約束を守ると誓いました。

マキはそれからナンバーワンになり風俗雑誌で取材まで受けるようになります。檜山の親がわりである組長にも気に入らます。

 

マキの父と檜山

 

マキに暴行をくわえ逮捕された父が、刑務所から出所します。マキの働く場所をつきとめた父は、マキを殴りました。檜山は守るという約束を守れなかったことを悔やみ、落とし前をつけに、マキの父親を追いかけます。

 

しかし、檜山は橋の下に落下し死んでしまいました。父が檜山を落としたらしいことがわかります。マキは組長に頭を下げますが、組長はマキは被害者だと言います。むしろマキとの約束を守れなかった檜山が、責任をとったにすぎないこと。ですが、組員の仇をうつのは親の役目。マキに父のことを聞かれます。

 

マキの父は暴力がひどく、外面はいい。マキは暴力にたえきれず、母も精神的におかしくなり自殺。しかしやってきた警察に、母を殺したのは父と言いました。それでマキの父親は刑務所に入ったのです。

 

マキには父をどうする?と組長。父のことは任せると言います。遠野の母が施設にはいることになり、マキは仕事をがんばります。無理をしているマキを心配するのは、ヤクザである女性の岸。彼女は檜山のことが好きでした。マキのことが憎いはずなのに、優しく心配してくれる岸のためにも、仕事をがんばろうと思います。

 

そして父がヤクザに捕まり、拷問の末、岸に殺されます。マキはその瞬間を冷静にみました。

 

マキの転身

 

マキは組長のところに行き、杯をわけてほしいと言います。だめだという組長、嫁になってほしいと言います。組長の余命はわずかです。組長には妻も子もいません。その時間をマキに看てほしいと頼みます。

 

マキは組長と結婚し、可成組を存続させることを決めます。檜山のいた組をつぶしたくはないのです。二年後、岸が組長代理に就任します。

過ぎ去った男たちの記憶もそのうち泡になって消えていくのです。

 

 

 

エロスの種子 6巻  感想

エロスの種子6巻のあらすじをみてきました。一巻まるまる一人の女性の生きざまがかかれた一冊でしたね。主人公のマキは、きれいで賢くかわいい人です。まさに男性の利用の女性のような人ですね。

過去は暗いものがありましたが、彼女には彼女を支える過去がありました。それに支えてくれる男性も何人もいたのですね。風俗で働いてはいるけれど、自分の能力を発揮して、彼女なりに一生懸命生きているのがわかりました。

 

彼女を支えてきたのは、唯一愛した男性である遠野の存在が大きかったですね。彼女が愛を知り、それが支えとなり生きていけている気がしました。ですが現実は非情で、心を通わせた檜山は死んでしまいます。しかもマキを虐待死、母を追い詰めた父の手によってです。

 

マキは復讐を果たし、そして組の姐さんとしたなりあがっていきます。ハッピーエンドに近いなと思ったので、全体的に後味が悪くないなと思いました。今までは短編ものが多かったので、ちょっと新鮮な印象をもちました。

 

エロスの種子2巻でもんでん先生と対談した、桜木紫乃さんの詩から曲「バブルダンサー」をモチーフにしたのが今回のお話と書かれていました。

 

バブルダンサーの話はこちらの記事に詳しく書いてあります。

yomitai.jp

 

強くてきれいな女をおんなを書くのがとにかくうまいもんでんさん。

次回はどんな女性がでてくるのか、楽しみです。

 

エロスの種子を好きな人にオススメしたい作品

官能先生

作家先生と女性との恋。漫画が好きな人には話題になっている作品。 

 

 

アウターゾーン 

昔の作品ですが、オカルト漫画っぽくて雰囲気が素敵。

一話完結なのがエロスの種子に似ていて、読み応えがあります。

人間のエゴだったり情念を感じられる漫画です。

 

 

八月薫先生の作品

アマゾンキンドルで立ち読みをしてから、この先生の作品はおもしろい!と思いました。ほぼピンク漫画なのですが、レトロな風合いで、大人が読む春画漫画みたいな感じなんです。暗くもないし、気を楽にして読める作品ですね。

男性向けだと思います。 

 

 

 

 

 

ほかにも、風俗関係の漫画やラノベが最近人気がある気がしてます。

女性の念みたいなものを感じる漫画がじわじわきてますね。

 「明日、私は誰かのカノジョ」はドラマ化で大人気で、全巻レンタルで借りてきました。闇が深いと思います。

 

 

 

 

少し大人な表現の漫画も読む!だけれど手元に残しておくのは恥ずかしい…などいろいろあいますよね。そんなときは電子書籍が楽です。

前に買っておいた漫画も、見返すのも簡単です。発売期間があくと忘れてしまうことも多々あり、漫画がどこにあるかわからない!というときもあります。

 

 

エロスの種子/ebookでpaypayやTポイントが使えるたまる

↑今一番多い購入率の電子書籍サイトです。月末になると50%還元セールがあったり、クーポンが定期的に配られています。

 

エロスの種子/ひかりTVブックで割引キャンペーンでお得に買える

↑少し前までここで電子書籍を購入していました。ポイント還元であったり、連休にあるキャンペーンクーポンがお得です。

 

エロスの種子/コミックシーモアでポイント還元やキャンペーンにお得に購入!

 

エロスの種子/Renta!で試し読みして暇つぶし!少額から買える

 

まとめ

エロスの種子6巻のあらすじと感想をまとめてみました。

今回も満足感がいっぱいで、読んでよかった!とおもった一冊です。

一冊がどれもよみごたえがあり、どことなくノスタルジックな雰囲気があって、またそれがいいと思います。

 

今後ももんでん先生を応援していきたいです。

 

ではまた次回に。

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

もんでんあきこ先生の他作品もおすすめ 

 

「ブルース」

もんでんあきこ(原作・桜木紫乃「ブルース」文藝春秋刊)

 

舞台は北海道、釧路。

下町に生まれ育った謎多き男・影山博人と、

彼に惹き寄せられた

8人の女の物語りーーーーー

 

原作はこちら 

 

 

掲載誌 グランドジャンプめちゃ公式HPはこちらから

grandjump.shueisha.co.jp

また、もんでんあきこ先生が描く男女は色気がすごい!

伝説のAV男優の加藤鷹さんのストーリーは読みごたえがありました。

 

 

 

 

ほかにも男女の雰囲気のある恋愛がよみたいならこちらもおすすめ

 

 

 

どれも面白いです。質の高い漫画を読みたいならもんでん先生のすべての作品がおすすめですね。

 

 

女と男の情念の描いた古典文芸がコミカライズ化 

大正殉愛 金魚撩乱もおすすめです。

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

情念といえばホラー 愛さえ感じるホラーも好きです。

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

女と男の危険な恋愛!来世は他人がいいも意外にどろどろしています。

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

www.rinnrinnkarinn.xyz

www.rinnrinnkarinn.xyz

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

www.rinnrinnkarinn.xyz