凜のヲタク的日常 はてなの章

ゲーム・アニメ・漫画などリアルでは語れない事を発信(BL含&分別)

定期購入 あせとせっけん 7巻 彼の実家に訪問!家族の反応は? 感想とあらすじ 山田金鉄先生

定期購入 あせとせっけん 7巻 彼の実家に訪問!家族の反応は? 山田金鉄先生

 

あせとせっけん7巻が発売しました!

当初は電子書籍で購入していましたが、4巻から紙書籍で予約購入しています。

 

さらに本編も紙での媒体での連載が始まっています。

引き続き、ネットやアプリでも読めるそうですので、自分のライフスタイルに合わせて読めるのがいいですよね。

 

あせとせっけんは恋愛漫画!

社会人同士の恋愛ですが、ピュアで初々しいやりとりが見もの!

 

ただし、大人同士の恋愛ですのでじゃっかん大人向けシーンもあります。

あせとせっけん 話題沸騰!ネットでも大人気

 

あせとせっけんが1話配信されたときから、各電子書籍でも話題の作品としてとりあげられていました。

電子書籍で推されているものは、1話から勢いがあるものが多い印象です。

また、掲載誌でも地味に人気が集まっているものをとりあげられていますから、個人的に注目作が多くチェックすることが多いです。

話題になるということは、キャンペーンで無料で1話を読めたりすることも多く、自信作ではなければ話題にはなりません。

 

今作は、1話配信からネットでも話題になり、各電子書籍サイトでもランキング上位になっていました。

 

わたしもそれから目をつけていて、気がつけば電子書籍で購入していたファンです。ですが、1話ずつ買うのが面倒になってきたので本でまとめて購入することにしました。

 

あせとせっけんの作風が知りたいひとは、お試しで読むこともできます。

 

お試し版がpixivでも読めます。

comic.pixiv.net

 

さらにモーニング連載をしていますが、月額500円を払うと最新が読めるサービスもあります。

本をわざわざ買うのが面倒な人はこちらもおすすめです。

 

 

電子書籍サイトでも一巻が試し読みでできることも多いので、おすすめです。

 

 

↓↓筆者のお気に入り電子書籍サイトです。

あせとせっけん 期間限定一巻無料【ひかりTVブック】

 

あせとせっけん 期間限定一巻無料【Renta!】

 

 

あせとせっけんとは?

 

 

あせとせっけんとはどんな話でしょう。

簡潔にいうと、あせっかきの女性×せっけんを作る男性

というカップリングです。

 

二人は同じ会社に勤めています。

 

「あせこ」と言われるくらい、小さいことからあせっかきの八重島麻子。人一倍、あせのケアはしています。出社をしても、まず行くのはお手洗い。あせをかいているから、ボディシートであちこち汗をふきます。

 

一方、人一倍嗅覚に敏感な男性社員がいました。彼は、名取香太郎。次々にヒット商品を生みだし、商品開発のホープ。

イケメンで仕事ができて、さわやか。まさに麻子には別世界の人。

 

ですが、香太郎の嗅覚は麻子のにおいに導かれます。そう、香太郎は麻子のにおいが好きになります。

 

奥手で、遠慮深い麻子は付き合っても不安ばかり。

そんな麻子の足取りにゆっくり付き合ってくれ、デートをしたり、旅行へ行ったりとふたりはだんだんカップルらしくなっていきます。

 

また麻子は弟に彼を紹介したこともありました。

モテモテの香太郎は、においフェチであり、浮気は一切ありません。麻子も香太郎のよさを理解して、自信をもとうと成長していきます。

 

お互いを思って二人三脚で成長していく、素敵なカップルのお話です。

お話はこちらからどうぞ

 

4巻からあらすじをまとめています。

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

 5巻のあらすじはこちらから

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

 

あせとせっけん 7巻のあらすじ(ネタバレを含むので注意!)

 

 

 


あせとせっけん(7)特装版 (モーニングコミックス)

 

特装版も同時発売!

小冊子付き!著者特別描き下ろし短編&コミックス未収録のイラストをどどんと収録した、ファン必携の一冊です。

 

累計150万部突破!

 

「同棲するとトキメキが無くなる」

なんて、誰が言ったんだ。

においが二人を結ぶ、純愛ラブストーリー!

 

 あせとせっけん 7巻の帯の一節 

 

喧嘩後のラブとだらだら

腫ものみたいに扱わないで!という麻子の言葉に、すっかり反省してしまう香太郎。

ベランダで考えこんでいると麻子がきます。

だきしめた麻子から、自分の香りがあることに気が付いた香太郎。一週間も一緒にベッドで寝たのでにおいが移ってしまったのです。

 

同棲して気が付く新たな発見。キスをしたふたりはラブラブな時間をすごします。

すっかり寝てしまうところに、宅急便の訪れたことに気が付いた麻子は箱を受け取ります。それはにおいのサンプルでした。

 

香太郎が麻子のためにつくるせっけんのサンプルでした。

 

休日には、たまった洗濯を洗うふたり。畳み方だけでも、各自の生活がでます。お互い譲歩したり確認をしながら、家事を手分けしておこなうことに。

 

ただ香太郎はたまに麻子の服をかぎたくて仕方ないです。しかし麻子も香太郎の服をかいでしまったことがあるのは秘密です。

 

テレビをみて何気ない時間を過ごす。麻子と香太郎は一緒に餃子をつくりました。

 

香太郎の実家へ!緊張Maxの麻子

会社でお弁当を食べていると、香太郎の天敵という存在の椿女史が現れます。椿さんはコスメ担当。

麻子のきれいな肌をほめてくれます。仕事ができとてもきれいな椿氏に、あこがれの感情をいだく麻子。

 

それを香太郎は聞くと、ひそかなジェラシーを感じます。

そして麻子のマッサージをお手伝いすることになりました。

 

麻子の目下の緊張ごとは、香太郎の実家へあいさつに行くこと。前回は自分の家族へのあいさつでしたが、今度は香太郎のたちの家族にあいます。麻子の父には、結婚をしないのか?と単刀直入に言われました。

 

麻子にとっては、まだ結婚へは気持ちが追い付いていません。ですが同棲して一か月。もし同じ質問をされたらなんて答えるだろうと考えます。

 

当日、静岡に訪れると香太郎の妹・柚香が迎えにきてくれます。柚香は大学四年生。大手の就職が決まっています。とても元気で明るい柚香。

麻子を一目みて、いいひとだと気に入ってしまいます。(麻子の豊満な胸にもびっくり!)

 

香太郎の実家で歓待

実家に到着すると、香太郎の母・奏が迎えてくれます。母は病気で目が見えなくなってしまいました。香太郎は母を抱きしめあいます。それが目の見えない母とのスキンシップでもあります。

 

この人が八重島麻子さん。

今、一緒に暮らしてる俺の大切なひと

 

にっこりと笑顔で迎えてくれる奏。ここまで歓迎されると思わなかった麻子は驚きの連続でした。

 

次に出てきたのは、父・真太郎。料理を作って待っていてくれます。真太郎の前髪は立っていて、まるで香太郎とそっくりの前髪です。

麻子は父と香太郎の似ているところをみてときめいてしまいます。

 

茶をつかった料理でもてなされる麻子。同棲しての感想を聞かれます。香太郎がやってくれるので、それで喧嘩になってしまうことも正直に伝えました。

柚香は香太郎はエスパーみたいに先回りしてやってしまうことがあると同意します。母はなんでもやれてしまう香太郎が甘えられる人ができて安心したようです。

 

小さいころの写真を見て、やっぱり香太郎の姿にときめく麻子でした。

母と父のなれそめを聞いたりと時間はゆっくり過ぎていきます。

 

麻子いわがおふろに入っていると、柚香もはいってきました。兄のことで本音を聞きたいと思ったようです。

なれそめなどを話していると、すっかり惚気になってしまうことに。柚香には兄のことすごく好きですね!と言われてしまいます。

 

そして香太郎と一緒に就寝する時間になります。

 

ずっと気になってたことがあるんです

”俺のになって”って言葉の意味

 

麻子は自分を過小評価してしまいがちですが、香太郎には麻子には魅力がたくさんあると思います。麻子がナンパされたとき、自分には彼女をつなぎとめるものがないと思ったといいます。

こんなに好きなのに

どうしたらわかってくれますか?

 

麻子は香太郎にキスをします。しかし家族がいる部屋。お互い今日は我慢することにしました。

 

朝、リビングに行くと目の見えない母が料理をしていました。慣れた所作を見ていると、まるで自分の母を思い出す麻子。包丁が怖くないか?と聞けば、やれなくなることが多いほうが怖いと笑う母。

 

目を悪くしたとき、父は茶畑から離れてしまう時期がありました。彼から茶のにおいがなくなるとわかった母は泣いて追い出したといいます。手助けはうれしいのに、甘やかされるのは嫌だというわがまま。

 

仕事をがんばっている姿が好きで、お互い支えあえたらと麻子は思います。

そして帰宅することになります。

 

抱きしめてもいい?麻子ちゃん

 

香太郎の母と抱きしめあい、麻子は帰路につきました。

 

香太郎の思い出の場所

香太郎には小さいころに使っていて秘密の場所があります。切り株がある森でした。

麻子は両親とわかれるときに涙がでてしまいました。緊張がとけたのと、不安があったのです。

 

とてもやさしくしてくれて、歓迎されて本当に大丈夫だったのかと思いました。

リラックスしすぎじゃなかったか?と香太郎にききます。

 

それが一番いいじゃないですか?

 

父からはいい子であるが、うちはうち。よそはよそ。家をでて自立したのなら、それは自分たちで決めればいいことだということは変わりないといわれたそうです。

だから望むことは何もないといわれます。麻子がリラックスできたことが一番だと思うといわれました。

 

香太郎には作ったせっけんのなかで一番お気に入り”あさぎり”がありますが、それは人気がなく販売が終わってしまいました。それはこの場所をイメージして作ったのです。そのサシェを作って麻子に手渡します。

 

茶畑、森林、サシェ。麻子の中で思い出が増えました。

 

ナンパ男と再会?!

お付き合いして一周年に記念の品。麻子へのオリジナルせっけんのプレゼントの用意もできた香太郎。

 

スーツを着た香太郎は、午後コラボ商品のプレス発表会があります。会場ではゆりの香りが気になります。そこでフラワーコーディネイターの人とかおりの導線について話し合います。

 

しかし香太郎は、その彼が麻子をナンパした男だと気が付くのです。においに関して追求する香太郎の仕事へのこだわりに、すっかり気に入ったヘンリック。名刺交換をしてコーヒーを飲むことに。

 

そしてヘンリックに代官山で出会ったことを打ち明けますが、ヘンリックは声をかけるのは日常のこと。その女性も忘れてしまったといいます。

 一目みて忘れられないほどの出会いなんて

そうそうあるものじゃないだろう? 

 

俺にとっては彼女がそうだ。

香太郎は自分の本心を知ってしまいました。同棲一か月半ではまだ早すぎるとわかってしても、ふたりのことを考えます。

麻子の不安がぬぐえるにはどうすれば?と考えるのです。

 

 

 

 

あせとせっけん 7巻 感想

あせとせっけん 7巻は彼の実家にあいさつへいく彼女のきもちがわかる一冊ですね。

個人的に、著者の弟が数年前に結婚したとき彼女さんがあいさつにきたのですが、これくらい緊張していました。

結果的にマンガのように、わたしも一目みていい人!と思ったので、柚香ちゃんの気持ちにとても共感しました。

 

新しく家族が加わるとやはり今までとは違うことは多くなってきますが、変に身構えたりするよりも、お互いはお互いのまま。リラックスできる関係が一番いいなと思いました。

 

さらに香太郎のほうは、麻子さんが大好きで結婚したい!と思っているような感じがしています。ですが、自己肯定感が低い麻子にとって香太郎と結婚するまではなかなか踏み切れないようです。

 

香太郎にとってはこれ以上ない相手だとわかっていて、離したくないからこその結婚。麻子にとっての結婚とはどんなものなのでしょうか?

 

ただし、香太郎の不安も麻子はわかっているので、そのこともっと話し合っていくのかなと思いました。

 

結婚とは過程が大切であり、タイミングも大切と聞きますから、ゆっくり結論をだせればとふたりの気持ちの揺れ動きをこれからも楽しみにしています。

 

おわりに

まさかここまで恋愛のことを丁寧にかいてくれるなんて、予想外でした。付き合って結婚したらハッピーエンドという単純なものではなく、今時古風かもしれないほどゆっくり着実に進んでいくふたりに、ほんわかします。

 

普通のカップルなのですが、これだけいいひとばかりでてくると安心して読めるので大好きなマンガです。それほど長い連載ではないでしょうが、丁寧に過程をかいてくださるのでこれからも予約をして購入したいと思います。

 

次回の あせとせっけん 8巻は7月発売予定!

一周年ディナーを過ごすふたりですが、夏を目前にまさかの体重増量した麻子?!

ダイエットのお話もあるようです。

 

8巻はこちらから

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

 

 

初々しいカップルのお話が好きで、読んでいます。

 

今注目度ナンバーワンの高校生カップル

花野井くんと恋の病

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

 

 

もう少しで最終巻!

恋人は旦那さま

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

 最終巻まで発売中!かわいいひと

www.rinnrinnkarinn.xyz

www.rinnrinnkarinn.xyz

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

 

 

おすすめの漫画などはこちらの記事からどうぞ

 

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

 

ではまた次回に!