凜のヲタク的日常 はてなの章

ゲーム・アニメ・漫画などリアルでは語れない事を発信(BL含&分別)

最新刊 漫画 弱虫ペダル 40巻購入しました!(ネタバレと感想あり)



さて、本日発売の弱虫ぺダル。
楽天ブックスにて予約し、ポストに入っていました。

いつものごとくポイントで購入したので、実質無料ですので嬉しいです。


弱虫ペダル 40 (少年チャンピオン・コミックス)/秋田書店
¥453
Amazon.co.jp

 

前回の39巻についてはこちらからどうぞ!

 

 

rinnrinnkarinn.hatenablog.com

 

 

そのほか弱虫ペダルコミック関してはこちらから

 

 

rinnrinnkarinn.hatenablog.com

 

 




さて今回の表紙は御堂筋くん。

40巻では、本当いい具合に活躍していました。
アニメの効果音は、御堂筋くんが出てくるとエイリアンみたいな音で笑ってしまいます。
それがこの巻では存分に活かされています。


表紙の帯には映画の情報がのっていました。

①まず第39回講談社漫画賞受賞されたそうです。
 おめでとうございます!

②また2015年8月28日、劇場映画公開だそうです。
 原作・ストーリー原案・渡辺航先生 

③また夏の劇場公開に先立って、アニメの第二期シリーズ発熱のIH後半をスクリーンで観戦!
 テレビアニメ総集編 第二期
 弱虫ペダル Re:ROAD 6月12日 二週間限定で上映!劇場上映スタート!

詳しくは公式サイトからチェックみたいですね。

私も映画はオリジナルストーリーと聞き、気になっています。






さて、話は戻り40巻。



前回までの簡単なあらすじ。


二年生に進級した、小野田・鳴子・今泉。
総北はインターハイに連覇に向け始動。
新入生を迎える。
合宿も終わり、新メンバーが決定し千葉予選は一年鏑木を先頭に突破。
栃木で開催のインターハイに行くことになる。

初日、ファーストリザルトは箱根学園・銅橋。
続く山岳ステージも総北・手嶌も惜しくも敗れ、箱根学園・真波。
そして始まる初日のゴール争奪戦。
エース・葦木場とアシスト・黒田が箱根学園では出る。
迎え撃つは、総北・鳴子&今泉。
箱根学園と総北の一騎打ちかと思ったが、そこには京都伏見・御堂筋の影が・・・・











では40巻の簡単なネタバレです。



鳴子と今泉くんは給水所にて、水だけ補給します。
そんな二人に水を手渡した杉元は、来年は自分もこのステージで戦いたいと強く思います。

続けて給水所に来るのは、当然箱学かと思います。
しかし予想とは違って騒がしくなったテント内。
そう、京都伏見の給水係が動くのでした。

もうそこまで迫っているのか!と誰もが驚きます。

京都伏見の御堂筋くん、そして一年の岸神くん。

岸神くんは合宿の時にいましたが、マネージャーと誰もが思っていました。
しかし彼は選手でした。

よりよい筋肉(ニク)を求めて野獣のように笑います。

二人は先頭集団にあっさりと追いついてしまいます。


戦うのは、箱学・総北・京都伏見。

これからは三強の時代になる、そう箱学のOBに言われた後輩。
王者復権を目指すなら、覚悟を決めろと。

仕掛けるのはやはり、御堂筋くん。

心理戦で箱学を後方に下げ、御堂筋くんは一人先頭に立ちます。

その中、心理戦に動じずついてきたのは総北・鳴子くん。


鳴子くんはスプリンターからオールラウンダ―に変更した時、御堂筋くんと戦ったことを忘れませんでした。
だから御堂筋くんの動きだけはマークし、着いてきたのです。

先頭争いは御堂筋くんと鳴子くん。
そして舞台は開けた場所、元スプリンターとしての血が騒ぐ鳴子くん。

御堂筋VS鳴子。

そして箱学二人と今泉は共闘し、先頭に追い付きます。

三つ巴となるゴール前の戦い!!

ゴールゲートの最後のコーナー。
そこを曲がり切ったものが勝者!

さて誰がゴールをとるか。






ここで40巻は終わります。





感想


やはり御堂筋くんはいいキャラをしています。
箱学も悪くはないですが、昨年のメンバーのが好きだったかもしれません。
総北は鳴子・今泉・小野田三人の成長が目覚ましいです。
絵もスピード感ががあり、勢いよく毎回のことですが読んでしまいます。

是非アニメでみたい臨場感です。


では今回はこの辺で。


また次回。

 

rinnrinnkarinn.hatenablog.com