凜のヲタク的日常 はてなの章

ゲーム・アニメ・漫画などリアルでは語れない事を発信(BL含&分別)

弱虫ペダル あらすじまとめ 27~31巻 【一年目】インターハイを制した者は…スランプそして復活へ  感想とあらすじ

 

 

弱虫ペダル あらすじまとめ 27~31巻 【一年目】インターハイを制した者は…スランプそして復活へ  感想とあらすじ

 

 


弱虫ペダル 31 (少年チャンピオン・コミックス)

 

弱虫ペダルはすでに80巻という長編漫画です。(2022年11月現在)

アニメ化もされ、大人気アニメですがもう長くて見返すのが大変!という場合もあるでしょう。当ブログでも38巻からあらすじをまとめているのですが、せっかくなら1巻からまとめよう!という気持ちになりました。

今回は、弱虫ペダル27巻から31巻のあらすじをまとめていきます。

 

前回の弱虫ペダル 21~26巻はこちら

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

みていきましょう。

 

長崎県×弱虫ペダル×マンホール!!

渡辺先生の地元長崎でのコラボイベントが開催中!

マンホールとコラボしていることで話題に!詳しくは外部ブログ様よりどうぞ!

hamutane.com

 

弱虫ペダル×西九州新幹線

さらに西九州新幹線が9月23日開業!記念して弱虫ペダルとのコラボが開催されています。そこでしかもらえないノベルティなどがあり、長崎市近隣では熱いイベントもあります。

 

公式HPはこちら

yowapeda-5city.com

 

公式Twitterはこちら

twitter.com

 

 

アニメ弱虫ペダル 第5期『弱虫ペダル LIMIT BREAK(リミット ブレイク)』放送決定!

 

2022年10月9日午前0時よりNHK総合で放送開始!!

 

yowapeda.com

 

公式Twitterでもキャンペーンを実施しており、弱虫ペダルグッズがあたるかも?!

 

過去の弱虫ペダルもチェック! 

 

弱虫ペダルのスピンオフ!

弱虫ペダル SPARE BIKE

キャラクターたちの日常がわかるシリーズ

弱虫ペダル SPARE BIKE 1~5巻はこちら

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

田所さんの過去がわかる!

弱虫ペダル SPARE BIKE 6巻のご紹介記事はこちらから

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

【注目】弱虫ペダル SPARE BIKE 7巻 
大学編開始!あの先輩たちの生活は?

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

 

弱虫ペダル SPARE BIKE 8巻

一年目のインターハイ後、東堂さんと巻島先輩はどうなった?
進路がわかる一冊

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

【話題沸騰の続・大学編】

弱虫ペダル SPARE BIKE 9巻

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

2022年5月発売!

弱虫ペダル SPARE BIKE 10巻

田所さんの進路先が判明するも、まさかの危機が!?

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

 

本編 弱虫ペダル 

インターハイ二年目の結果がわかる!
弱虫ペダル 63巻はこちら

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

 

また、38巻から記事をまとめています。

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

まとめなくても別にいいのですが、文章にすると内容を次巻まで覚えてられるのですよね。長期連載になっているので、細かいところはすっとばしてまとめます。

自分用のメモがわりの記事にもなっています。

バトルの緊迫した描写は見どころも多く、細かいエピソードも漫画では描かれているので、もっと弱虫ペダルの世界を知りたい人はコミックもご覧ください。

 

 

弱虫ペダルとは?今までのあらすじ

 

 

あらすじ 


小野田坂道、現在高校二年生。自転車部所属

 

そんな彼の楽しみは秋葉原。なんと自転車で秋葉原まで行っていた。その何十キロという距離を毎週行っていた彼は、知らぬ間に自転車が強くなっていた。

今泉くんと坂道は自転車を通して、仲良くなっていく。そうして自転車部に入ることに。

初心者ながらインターハイに出場することになった坂道は、一日目も二日目も大活躍をする。三日目がスタートし、集団に巻き込まれた坂道であったが、箱根学園の荒北さんと共闘し、先頭に追い付くミラクルをおこす。

先頭争いは激化し、一年の真波と坂道がゴール前を争うことになる。

 

 

 

弱虫ペダル 27巻のあらすじ(ネタバレを含むので注意)

 

 

生きている感覚

 

残り500m!!ゴール先では、坂道が箱根学園に追いついたことにわきたちます。

真波は笑顔で500m先のゴールを競おうと坂道に誘いかけます。

真波の幼なじみである委員長は、ゴール前で回想します。真波は小さいころから病弱で、好きでもないゲームをしていました。生きている感覚がなく、どこかうつろな目をしています。

そして、出会ったロードバイク。委員長を一緒にサイクリングをしました。それから真波はロードバイクに目覚め、体も丈夫になり、生きている感覚をバイクを通して感じます。委員長とまた坂道で競争したいと笑っていいますが、委員長は真波の視線は遠くにいってしまい、昔のように親しい距離ではなくなったことを感じています。

 

真波に声をかける委員長!そして真波は笑います。委員長のそばにいた、坂道は母もアニメ部にいるはずの息子がなぜか自転車に乗っているのはわかりませんが、何か大切なことを任されたと感じ、応援します。

 

ゴール

 

坂道は、母親の声がしたような気がして大きな声で「はい!」と言います。

両者は限界までペダルをこぎます。

 

のこり、180m、150m!

ゴールスプリント!100m、60m

 

残り40m!!!!!

 

20m、10m

 

5m、ゴール!!!!!

 

坂道が少し前に出ています!勝者、総北高校・小野田坂道!!!

 

2位、真波山岳。3位、東堂尽八。4位、福富寿一!

続いて、5位、6位、総北高校・巻島裕介、今泉俊輔!

 

総北は勝利で喜びます。一方、箱根学園は王者陥落を意味し、福富たち三年は真波に来年に勝利を獲得する覚悟があるかと問います。真波はそれまで姿を消し、涙を流していました。そして福富の問いに、はい!と言います。

 

京都伏見の御堂筋は18時間目を覚ましませんでした。

 

インターハイは終わり、なぜか坂道母に事情を説明することになった鳴子&今泉!

坂道がすごいことをしたことはどうにか理解してくれ、そのまま総北高校自転車部で、秋葉原へ行くことになります。坂道は先輩たちにマスコットやCDをプレゼントします。それが、坂道たちの先輩への感謝の気持ちでした。

 

しかし、巻島先輩は別れを決めています。今泉は新しい自転車フレームを手に入れ、手嶋・青八木先輩たちは次のインターハイに向けて練習を重ねます。

坂道は寒咲サイクルへ呼び出され、黄色いBMCバイクを渡されます。さらに軽くなった自転車で、坂道はもっと強くなります。

 

ですが巻島先輩は、退部届を出しました。

 

弱虫ペダル 28巻のあらすじ(ネタバレを含むので注意)

 

 

別れ

 

念願のインターハイの頂点を極めた総北高校ですが、別れがせまってきていました。

巻島先輩が兄の稼業を手伝うため、9月からイギリスの大学に入学してしまうため

半年先に日本から離れることになったのです。それを坂道は知らず、巻島先輩から峰ヶ山に付き合うか?と言われ、一回は断りますが、嫌な予感がして慌ててついていきます。坂道はあと半年間、巻島先輩からたくさんのことを学びたいと思います。

総北を頼むと言われた坂道。

そして、総北高校の新しいキャプテンは手嶋純太に決まりました。副キャプテンは青八木一です。

総北は、インターハイ覇者であり、インターハイはシングルゼッケンです。これからは追われる立場です。

青八木、手嶋のコンビはさらにコンビプレイに磨きがかかり、一年生を圧倒します。ですが、坂道はまったくペダルに力がこもりません。

 

スランプ

巻島先輩がいなくなってしまい、坂道はスランプになってしまいます。手嶋は休みながらでも、光を信じろと言われ、走ることをやめずにいろと言います。巻島先輩は東堂先輩の電話口で、坂道以外にもクライマーがいるか?と言われ、才能もないからっきし!ですが、努力で登る男と言い、手嶋を思い浮かべます。

ちゃくちゃくと総北は新体制になり、また箱根学園も新体制になります。主将は二年の泉田塔一郎です。副キャプテンはクライマーの黒田雪成。

ほかには二年で長身の葦木場です。

 

峰ヶ山ヒルクライム

坂道は峰ヶ山ヒルクライムに出場することになります。周囲はインターハイ総合優勝の坂道に注目しますが、相変わらずスランプに悩みます。そこに出場してきたのは、箱根学園・二年の葦木場!昔手嶋と同じチームで走っていました。

タイヤの音をまるでクラシックといい楽器のようだと形容する葦木場は、手嶋と一緒にバイクを楽しんでいました。

箱根学園の次期エースの葦木場、そして新しいキャプテンの手島!両者が激しくぶつかりあいます。

 

そんな姿をみた坂道は、手嶋さんに追いつきたい!ペダルを強くこぎたくなりました。

 

弱虫ペダル 29巻のあらすじ(ネタバレを含むので注意)

 

 

復活

 

手嶋に追いついた、坂道。葦木場をみて、巻島さんより速いか?と問われ、いいえと言います。巻島先輩は世界一速くてかっこいいクライマーだと断言します。坂道は葦木場を追いかけます。

そして追い抜き、トップでゴール!!とはいえ、レコード更新にはなりません。去年の巻島先輩の記録より、34秒遅かったのです。坂道は巻島先輩のすごさを改めて感じてうれしくなりました。

 

葦木場は優勝できず、恩人の福富さんへ申し訳ない気持ちになります。大きな体ゆえに、自転車を思うようにこげなかった葦木場でしたが、福富のおかげで自分のスタイルを確立できたのでいした。

結果を報告した葦木場に、福富は次は必ず勝てと言いました。

 

湾岸クリテリウムでは最速のスプリンターを決めるレースが行われます。田所先輩、鳴子、青八木さんトップを争います!そして田所先輩一位、二位鳴子、三位青八木さんという結果になりました。

 

オールラウンダー

新学期になりました。坂道の同級生である、杉元の弟が自転車部を見学にしにきました。来年受験すると言います。杉元・弟は経験者で基礎もしっかりあります。

ただ、総北自転車部は三年生の抜けた穴の大きさを痛感しています。今泉は鳴子にスプリンターからオールラウンダーになれと言います。鳴子は嫌だと言いますが、いろいろ考え、スプリンターをやめるか手嶋に相談しにいきます。

鳴子は手嶋の助言をもらい、大阪にいったん帰り、原点となる練習場で走ることにします。そこにはなんと御堂筋がいました。

大切なものを賭けるということで、勝負にまけたら鳴子はスプリンターをやめると言います。御堂筋は負けたらインターハイでは総北のサポートをすると言います。

 

 

 

 

弱虫ペダル 30巻のあらすじ(ネタバレを含むので注意)

 

 

決死の勝負

鳴子VS御堂筋!それを見守るのは、京都伏見の良心・石垣さんでした。御堂筋はインターハイで残念な結果になってしまい、さらに強くなるため必死に練習をしていました。

ふたりのレースは熾烈を極めます。

ぎりぎりの中での削りあい!それでしか生まれないものがある!御堂筋もまた進化していきました。トンボが羽化したような異様なフォームで走る御堂筋!

鳴子も鼻血がでてしまうほど決死でペダルをまわします。ですが、結果は御堂筋が勝利!鳴子は涙を流します。

 

三年生追い出し走行会

箱根学園では毎年恒例の三年生追い出し親睦走行会がはじまります。

泉田は三年生にむかって「軟弱だ!」と言いあおってきます。そして三年生に挑戦的に戦いを申し込みます。インターハイで一位となれなかった!と言います。

最初の勝負はスプリンターの闘い!泉田VS新開!!

勝者は泉田!

 

次は、クライマー対決!東堂VS真波!!

東堂は坂道に連絡をとっているか、真波に聞きます。真波はボトルを貸したことを後悔しているようです。そして、インターハイ後返されたボトルを捨てました。

ですが、東堂は競うような大切な相手には毎日電話をかけろといいます。そして自由に走れと。いつだって会えて、一緒に走れる距離にライバルがいるならと。

そして東堂が勝ちます。

 

そして運び屋対決!荒北VS黒田がはじまります。

 

弱虫ペダル 31巻のあらすじ(ネタバレを含むので注意)

 

 

一年生登場

 

残り500m!!運び屋対決が激化し、黒田vs荒北が激走します。

うしろにはエースの葦木場と福富がいます。そしてゴールは葦木場!!

みなで写真を撮り、三年生に感謝の言葉を述べます。

そして季節が流れ、坂道も二年生になりました。

 

学校の校門には、鏑木と段竹がいます。自転車部がインターハイで優勝した垂れ幕があり、それをみて自分たちが自転車部を強くしようと意気込みます。そこに眼鏡をかけた気弱そうな人がママチャリに乗ってきます。それは坂道本人でしたが、鏑木はまさか本人とは思わず声をかけます。

 

鏑木一差と段竹竜包、一年のふたりが自転車部に入部しました。鏑木は一年生レースでワンツーになったらレギュラーをとれるかと手嶋にいく鏑木に、手嶋はうなずきます。

そして、杉元弟も無事に入学できました。

 

総北では六人目のレギュラー争いが始まります。

坂道、今泉、鳴子、手嶋、青八木、そして六人目。もし一年が入るとして、誰がぬけることになるか……それは単に実力勝負だと手嶋は言います。

 

坂道たちの同級生の杉元も、もちろんレギュラーを狙います。杉元は一年生レースに参加したいと言います。

 

坂道がスタートを言い、一年生レースがはじまります。今回のコースは去年と逆ルートです。

独走状態になる鏑木と段竹ですが、それに杉元がくらいついていきます。しかし、段竹&鏑木にはあっという間に追い抜かれます。

残酷にもバンにのった手嶋たちも鏑木たちを追い、杉元は老いていかれます。しかしそこに杉元・弟がきます。そしてふたりで鏑木たちを追うのです。

 

弱虫ペダル 27~31巻の感想

弱虫ペダル27~31巻のあらすじをみていきました。

ついにインターハイ1年目に決着がつき、総北高校が見事優勝!そして坂道が真波に勝ちました。自転車をはじめて半年ほど。まさか高校生のトップになることを誰が予想できたでしょうか。

弱虫ペダルというタイトルの通り、びくびくした弱虫っぽいオタクの少年が誰よりもはやくペダルをこぐことができました。それはもちろんチームの仲間のおかげでもありますが、運も実力のうち。与えられたチャンスをものにできたのも、坂道の強さでもあると思います。

とはいえ、心の支えだった先輩たちも卒業をむかえます。一足早く、師事していた巻島先輩がイギリスにいってしまい、その喪失感からスランプをむかえてしまう坂道でした。ですが、前に進む力こそ坂道の強さ。

手嶋さんも優しく声をかけてくれ、根気強く仲間も見守ってくれました。そして無事に復活し、新入生がはいってきましたね。

 

一年生コンビの鏑木と段竹ですが、一年生らしく怖いものしらずというか、元気があっていいなと思いました。それが新しい総北の風になりますし、今まで先輩だよりだった坂道にとって新しい成長になるだろうと思われます。

 

高校二年生って一番高校生を楽しめる時期だなと思います。三年生になると、卒業や進路が見えてきて、ただ高校生活を楽しむだけではいられなくなります。

 

そのため、坂道が高校生として自転車にうちこめるのが二年生でしょう。

2年目のインターハイの結果はこちらからわかります。

 

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

 

おわりに

弱虫ペダル27~31巻のあらすじと感想をまとめてみました。

インターハイ1年目の結果と、新学年への変化のある弱虫ペダルでした。

つぎは2年目のインターハイがスタートすることでしょうか。

 

 

新刊がでると過去の作品が無料で読めることがあるので、各電子書籍サイトをチェックしてみるといいと思います。

 

最近は漫画を電子書籍で購入しています。外に出るのもおっくうになり、置き場にも困らないからです。

スマホにいれておくだけで、読み返しも楽!

 

おすすめの買い方は、お試し読み→クーポンがあれば割引で購入。

または、新刊がでるとバックナンバーが割引になることが多いのでそのときにまとめ買いするのもいいと思います。連休前などはキャンペーンが加速するため、チェックするのがおすすめです。各サイトキャンペーンがすごいですね。

 

 

弱虫ペダル | 渡辺航 | 無料まんが・試し読みが豊富!ebookjapan|まんが(漫画)・電子書籍をお得に買うなら、無料で読むならebookjapan

↑ポイント好きなら断然おすすめ!PaypayやTポイントも付与される

キャンペーンの合わせ技を使えばかなりお得になることも。クーポンの不意打ちもあるのでこまめにチェックがおすすめ

 

弱虫ぺダル |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア

↑キャンペーンが豊富、新刊がでるのがはやい

 

弱虫ペダルをお得に!レンタルだから安い!Renta!

↑分冊本がおおく少額から買えるのがポイント!お試し読みも多いのでここで試し読みしてからほかで購入もいいかも

 

ほかにも「まんが王国」「DMMブックス」もキャンペーンが豊富。赤字必須というほど70%還元セールも実施したので、各社キャンペーンが熱いです。

 

 

弱虫ペダル 本編 81巻はこちら

新学期編突入!

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

弱虫ペダル 77巻はこちら

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

www.rinnrinnkarinn.xyz

www.rinnrinnkarinn.xyz

新章開幕 74巻~

www.rinnrinnkarinn.xyz

MTB編 64~70巻

www.rinnrinnkarinn.xyz

www.rinnrinnkarinn.xyz

www.rinnrinnkarinn.xyz

www.rinnrinnkarinn.xyz

www.rinnrinnkarinn.xyz

www.rinnrinnkarinn.xyz

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

 

弱虫ペダルの日常を描く

弱虫ペダル SPARE BIKEこちら

www.rinnrinnkarinn.xyz

www.rinnrinnkarinn.xyz

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

 

 

今までの漫画についての記事はこちら

www.rinnrinnkarinn.xyz