凜のヲタク的日常 はてなの章

ゲーム・アニメ・漫画などリアルでは語れない事を発信(BL含&分別)

図書館で本を借りる 運のいい人、悪いひとの心の習慣 水島広子

 

 

今回も、図書館で読んだ本でおすすめの本をご紹介したいと思います。

 

運がいい人、悪い人の心の習慣

 

 

 

 

水島広子さんは、元・衆議院議員。

精神科医で、主にトラウマや虐待の援助もしている先生です。

全体的にとても読みやすく、ただの自己啓発本ではありませんでした。

 

よく、「運がいい」というと、「ポジティブ」になる人というイメージをもちます。

水島さんが言っているのは、「最低限の生活」をしていることが前提で、

「不平等な生活」であっても、「心の平穏」を保つことで、「自分を肯定する心がある人」が「運のいい人」と定義しています。

 

自己肯定感があるひと=運がいい人

 

と言っています。

よって、「今」を受け入れ、無理しないこと。

持続可能(病気になったりしない)な生活を続けることが最優先。

 

「~するべき」という固定概念は、とても危険で、「運の悪いひと」の習慣だと述べています。

 

 

ギャンブルや思わぬ出世で評判がよくなるのは、「ラッキー」

「運がいい」とは違うと定義しています。

 

「ラッキー」に固執しすぎると、「心の平穏」がなくなり、「運が悪い人」になり、孤立していき、より病気になったり、うまくいかないと述べています。

 

 

なるほど、と思いました。

物質的な豊かさではなく、心の豊かさ

運がいいというのは、「癒やし」の上にあるということだそうで。

つまり、現在わたしはアニメや漫画やゲームで毎日癒やされています。

つまり、自分は「運がいいな」と思います。

 

ささやかな生活ですが、大切な友人、家族。地域の人。

大好きな趣味を満喫して、大好きな勉強をしている。

 

他人と比較したら、劣っていることは多いです。

でも心の平穏はあり、それを感謝できている自分の心は、健全であると再確認できました。

もちろん、落ち込んで誰かに嫉妬したり、悔しい思いをすることは人間ですからあります。

でも、怒ったり、憎んだりはしんどいので、なるべく心の距離をとるようにしています。

完璧な人間はいないということを知る、それも大人になるということなのかなと思います。

 

 

 

 

人に感謝をする気持ち。

それを学ばされた本も紹介したいです。

 

 

 

 

いつも訪問するブログさまでご紹介されてました。

難しくて後半はとばしたところもありましたが、前半の大江健三郎さんの「なぜ生きるのか?」「なぜ学校へ行くのか?」という問いのエピソードに、不覚にも号泣してしまいました。

 

繊細な少年心に、世の中の矛盾の葛藤。やりきれなさ。

大人への不信感。それをささえてくれたのは母の言葉。

母親の偉大さを知りました。

 

やはりノーベル文学賞受賞の大江さん。

思慮深く、繊細な心をもった人だなと思います。

 

良い本にめぐりあうと、心が癒やされます。

図書館通いもはまりそうです。

 

 

図書館ではマメ知識系の本や、未来の世界を考える系の話が好きです。

意識高い系かと思われるかもしれませんが、ちょっと得した気分になれる読書が好き!

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

www.rinnrinnkarinn.xyz

www.rinnrinnkarinn.xyz

www.rinnrinnkarinn.xyz

www.rinnrinnkarinn.xyz

www.rinnrinnkarinn.xyz

www.rinnrinnkarinn.xyz

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

 

本を読むのが面倒なときは、要約アプリも時短に便利です。

共通の話題としての読書にも役に立ちます。今話題になってきています。

 

要約アプリで時短で読書!flier

 

ではまた次回に!