凜のヲタク的日常 はてなの章

ゲーム・アニメ・漫画などリアルでは語れない事を発信(BL含&分別)

定期購入 弱虫ペダル 71巻 新章開幕!各校の新体制が決まる!!キャプテンは? 感想とあらすじ

 

定期購入 弱虫ペダル 71巻 新章開幕!各校の新体制が決まる!!キャプテンは? 感想とあらすじ

 

 

弱虫ペダル71巻が発売しました!

前回までは夏休みにはいった小野田くんですが、新しいバイクとの出会いがあり、大会まで出場しました。

そして、夏休みが終わり、71巻は3年生が引退し、新体制がはじまるところからはじまります。

 

小野田くんも三年生になります。現在は、夏休みが終わり9月。これからの一年は、三年目のインターハイに大きく影響が出てきます。

 

どんな展開になっていくのでしょうか?みていきましょう。

 

 

 

過去の弱虫ペダルもチェック! 

 

田所さんの過去がわかる!

弱虫ペダル SPARE BIKE 6巻のご紹介記事はこちらから

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

弱虫ペダル SPARE BIKE 7巻 大学編開始!あの先輩たちの生活は?

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

 

 弱虫ペダル SPARE BIKE 8巻

一年目のインターハイ後、東堂と巻島先輩はどうなった?進路がわかる一冊

 

 

 

 

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

 

前回の70巻の記事もご参照ください!

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

マウンテンバイク編 66巻 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

マウンテンバイク編 65巻

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

マウンテンバイク編開始! 64巻

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

インターハイ二年目の結果がわかる! 弱虫ペダル 63巻はこちら

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

62巻はこちら

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

 

また、38巻から記事をまとめています。

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

まとめなくても別にいいのですが、文章にすると内容を次巻まで覚えてられるのですよね。長期連載になっているので、細かいところはすっとばしてまとめます。

自分用のメモがわりの記事にもなっています。

 

 

 

弱虫ペダルとは?今までのあらすじ

 

 

あらすじ 


小野田坂道、現在高校二年生。自転車部所属

 

そんな彼の楽しみは秋葉原。なんと自転車で秋葉原まで行っていた。その何十キロという距離を毎週行っていた彼は、知らぬ間に自転車が強くなっていた。

今泉くんと坂道は自転車を通して、仲良くなっていく。そうして自転車部に入ることに。

 

そして三年生、二年生、一年生がそろい。全国大会のメンバーを選抜することに。坂道は素人ながらメンバーになり、全国大会に行くことになる。

一年目の大会は、総北は見事一位になる。最後のゴールをきったのは、なんと坂道!

そして二年目を迎えた。新一年生をむかえて、総北高校は新体制で全国大会に挑む。箱根学園も新体制で、優勝を狙ってくる。

真波と坂道の戦いは熾烈を極めるものだった。ゴール1kmを過ぎても、両者は一歩も引かない。そしてついにゴール!勝者は小野田坂道!二年連続で先頭でゴールをしたのだった。

 

夏休みになった選手はそれぞれの休暇にはいる。坂道は、いつもの練習する道で今までみたことがない自転車に乗る少年に出会う。坂道はマウンテンバイクとの出会いに感動する。

 

出会った少年は雉 弓射(キジ キュウイ)。彼はマウンテンバイクのインターハイで二連覇している。坂道は実際にマウンテンバイクに乗ってみたり、雉の誘いでレースを見に行くことに。

そこで出会った吉丸兄妹。坂道は吉丸妹・鈴音に教えてもらいながらレースを観戦することになる。そして始まったレース!雉が飛び出すが、吉丸が追いかける!

お互いのプライドをかけたレース、勝者は雉!!

そして雉のサプライズにより、坂道がMTB初心者クラスレースに参加することに。レースがはじまり、優勝候補の壱藤と接戦の末、坂道が優勝!!

夏休みが終わり、ロードレースの日常が戻ってくる。

 

 

 

弱虫ペダル 71巻のあらすじ(ネタバレを含むので注意)

 

 

 

比叡山延暦寺。京都と滋賀にまたがる比叡山が境内にあり、観光地化されているスポット。そこに御堂筋がひとりバイクを走らせています。

自問自答しています。誰よりも早くゴールにつく、ゴールに誰よりも執着していた自負があるのに、結果はゴールへ行くこともできませんでした。

 

ゴール後、大学生になった石垣が御堂筋のところを訪れ、御堂筋に足りないものを助言します。倒れた御堂筋を車でゴールにつれていったのも石垣でした。

 

石垣は、もし小鞠をゴールに連れていけば、御堂筋は勝てたと言います。つまり、御堂筋にたりないものは、”誰かを頼る力”だと。

 

そして箱根学園でも新たなキャプテンが発表されます。それは、真波山岳。

遅刻魔の真波に対して部内では賛否がありますが、それを支えるのは銅橋。さらに、学年一位の成績の秀才・高田城がサポートします。センスは真波、指導力は銅橋、知力は高田城という盤石な体制ができあがりました。

 

総北でも三年生が引退し、キャプテンが決まります。なんと、坂道がキャプテンに決定!

 

新体制で各高校が来年のインターハイにむけて、準備を進めていきます。

 

そして初戦・峰ヶ山ヒルクライムに、坂道・段竹・杉元弟が出場することになります。

 

 

 

 

 

使いやすい電子書籍で置く場所も困りません。

スマホにいれておくだけで、読み返しも楽!

 

 

弱虫ペダル 電子書籍 | ひかりTVブック

 

弱虫ぺダル |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア

 

弱虫ペダル | 渡辺航 | 無料まんが・試し読みが豊富!ebookjapan|まんが(漫画)・電子書籍をお得に買うなら、無料で読むならebookjapan

 

弱虫ペダル (漫画)の電子書籍|新刊 - 無料・試し読みも!honto電子書籍ストア

 

弱虫ペダルをお得に!レンタルだから安い!Renta!

 

弱虫ペダル 71巻の感想

 

弱虫ペダル71巻では新しい体制でのスタートが決まりました。坂道は去年、巻島先輩がいなくなってしまいスランプになってしまいましたが、今回は比較的順調なスタートの印象があります。

しかし、小野田くんはオーダーを受けるのは定評がありますが、これからはオーダーをする側になり、今までのレースとは違う側面が重要になってきます。

ただ自分だけががんばって走ればいいというわけではなく、レースを予想し、チームのバランスを考えながら走らなければなりません。

 

ただ、今泉くんや鳴子くんもいるのでチームメンバーの絆はどこの高校よりも強い印象です。

しかし、箱根学園もまた大変な様子。真波くんこそキャプテンとして大丈夫なのかな?と不安になるところもありますが、銅橋くん&高田城くんというサポートがありますし、王者・箱根学園はきっと体制を整えてくるのだろうと予想できます。

 

となると、やはり京都伏見も気になりますよね。個人のポテンシャルは圧倒的な御堂筋くんですが、三年目こそ悲願の優勝をねらってくるでしょう。となると、今まで自分だけががむしゃらに走る方法では限界がみえてきました。

やはり御堂筋くんの良心の石垣さんのおかげで、何か気が付いたかもしれません。不気味な京都伏見だからこそ、レースもまた盛り上がりをみせてきます。

 

また、年度がかわり一年生がはいってくるとチームの様子もかわってくるでしょう。これから数巻は、新しい仲間や展開がでてくると思うので楽しみです。 

 

 

おわりに

弱虫ペダル71巻のあらすじと感想をまとめてみました。

 

まさかのキャプテンが発表された71巻ですが、これから小野田くんの違った成長を感じられる展開を期待しています。

72巻も楽しみにしています。

 

72巻はこちらから

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

 

 

前巻 70巻はこちら

 

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

 

 

弱虫ペダル SPARE BIKE 7巻はこちら

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

 

www.rinnrinnkarinn.xyz

 

 

 

 

今までの漫画についての記事はこちら

www.rinnrinnkarinn.xyz